結婚式がピーク!その後盛り下がっていくカップルの特徴

写真拡大

「今が一番いいときね!」というのは、婚約中〜新婚時代の夫婦に、よくかけられる言葉ですよね。しかし、結婚してからもっともっと仲良くなる夫婦も、少ないけれどいます。

5,200件以上の恋愛・結婚相談をしている筆者としては、結婚式がピークでその後盛り下がっていくカップルと、そうでないカップルに二分化されるように感じます。

今回のコラムでは、結婚後に盛り下がるカップルの特徴についてお送りします。

■1:緊張感が薄れて、気遣いがなくなる

結婚は恋愛よりも、“簡単に別れられない関係”です。そのため、結婚により緊張感が薄れ本性が現れてしまうことがあります。男性であればマザコン、家事を全く手伝わなくなる、などですね。

女性であれば、ぐうたら、言葉遣いが悪すぎる、彼にダメ出しが多い、など……。男女どちらにも当てはまるもので、“お互いへの気遣いがなくなる”ことが一番の原因だと言えます。

悪い意味で今まで見せなかった本性を現し、それがお互いの許容範囲を超えると恋愛感情が一気に薄れます。また、出産後も子供の世話だけに集中し、子供中心になりすぎると男女関係を忘れてしまいます。

■2:新しい生活に疲れる

今までは1人、もしくは親元で気軽に生計を立てていた人が、結婚後は自分たち2人で生計の全てを決めることになります。金銭のやりくりや日常生活のリズムなど、お互いが納得するような進め方をすること自体に、疲れを感じることがあります。

対処法としては、今だけを見過ぎてしまうとよくないので、共通の目標(貯金など)を持ち、それに向けてがんばれることがひとつでもあるといいと思います。金銭的に余裕のあるカップルは、共通の趣味でもいいでしょう。

■3:自分の趣味を大切にし過ぎる

1でも書いたように、結婚するとそう簡単に別れることはできないもの。趣味が夫婦で同じであればよいですが、各々が独自の趣味を持っていて、かなり入れ込んでいる場合、1人の時間を求め、2人の関係よりもそちらを大切にするようになる場合があります。趣味に没頭することにより、夫婦間の時間も関係も薄くなっていくでしょう。

このような夫婦の場合は、「毎週○曜日は一緒に過ごす」と、独身時代のようにデートの日を決めておきましょう。1人時間が持てるということは、いい意味で自立できているのですから、たまには1人でないことを感謝できる時間を持ちましょう。

年月と共に仲良くなっていく夫婦は、“お互いの変化に、いい意味でついていっている”ことが多いもの。結婚生活は長いのですから、ずーっと相手が同じ考えや価値観ということはありません。年月と共に変化していきますので、それを受け入れあうことが、ひとつのポイントだと言えそうです。

 【筆者略歴】

橘つぐみ ・・・ 恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。

【画像】

※ g-stockstudio / shutterstock