写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「TOYOTA GAZOO Racing」「LEXUS GAZOO Racing」は2017年1月13〜15日に開催される「東京オートサロン2017」に出展し、「ヴィッツ」「アクア」ベースのコンセプトモデルや「ヤリス WRC」、レクサス「RC F」のGT3カーなどを出展すると発表した。

「TOYOTA GAZOO Racing」の出展テーマは「オープンピット・オープンガレージ」とされ、さまざまなモータースポーツへの挑戦から生み出されたクルマを紹介するほか、カスタマイズを通じたクルマの楽しみ方を提示するコーナーも設ける。車両は「ヴィッツ」「アクア」のTGRコンセプトを出展。2017年1月20日から開幕するFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「ヤリス WRC」を国内初公開する。

その他、12月14日に発売した新型コンパクトSUV「C-HR」のカスタマイズカーやニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両、歴代のWRCで活躍した参戦車両なども出展。別会場に特設ブースも設置し、TRD、トヨタモデリスタ、トヨタ純正用品といったカスタマイズブランドパーツでドレスアップされた「C-HR」を多数展示する。

「LEXUS GAZOO Racing」ブースでは、レクサス「RC F」をベースとした最新のGT3カーを世界初公開する予定となっている。さらに2017スーパーGTのGT500クラス参戦マシン「LC500」、2016スーパーGTのGT500クラスチャンピオンマシン「DENSO KOBELCO SARD RC F #39」といったレーシングマシンも展示する。

(山津正明)