Inc. : 成功するには努力と粘り強さが必要なことは誰もが知っています。しかし見逃されがちなことがもう1つあります。それは精神と感情の強さです。これらは人によって簡単に手に入れられたりそうでなかったりしますが、どんな人でも努力すれば鍛えることができます。

精神的な強さを鍛えるには、自分の生活を厳しい目でチェックしてどんなことに努力すべきか、何を手放すべきかを発見する必要があります。

今回は成功にいたるまでの途中、自分自身で成功から遠ざけてしまう9つの原因をご紹介します。

1.羨望


自分より他人の恵まれている点を数えることと、表される羨望は成功の妨げになります。自分に欠けているものより恵まれているものに注目するほど、幸福になれますし、成功の度合いも高くなるからです。

羨望は幻想です。他人が幸運だからといって、自分が何か損をするわけではありません。


2.完璧主義


完璧主義は身を滅ぼしかねません。最高の結果を探求しているわけではなく、自分の頭の中にある最も過酷な考え方に支配されるだけだからです。その声は、絶対に合格点をくれません。完璧主義は成功の妨げになるだけでなく、不安をまねき、気がめいってしまうので良い業績が出せなくなります。


3.他人との比較


成功している人は自分と他人を比較しません。そんなことをしても時間とエネルギーの無駄だと知っています。

もうお気づきかもしれませんが、自分と同じ人はいないからです。比較するとしたら、過去の自分となりたい自分の比較だけです。


4.非難


人生も、成功も、達成も、自分次第ですから、物事がうまく行かないとき他人を責めるのは間違っています。時間とエネルギーは他人を責める代わりに問題解決に使ってください。非難は失敗やミスを怠慢なやり方で理解することです。


5.自己不信


自分はどの程度成功できるのだろうと疑うたびに、ここまで歩んできた道のりを思い起こしてください。直面したあらゆるできごと、勝ち抜いてきたすべての戦い、克服してきたあらゆる恐れをです。自己不信で落ち込んだ状態でいてはいけません。それこそが、一か所に立ち止まりそこから先へ進めなくなる原因だからです。


6.恐れ


失敗を恐れているなら、きっと行動するのが怖いはずです。恐れは克服すべき何か大切なことがあると心が伝えようとしているだけです。だから、恐れを成功の妨げにしてはいけません。リスクも危険も実在しますが、恐れは自分の気持ち次第です。恐れを克服すれば、より強く、より賢明に、より知的になり前進できます。


7.娯楽


娯楽は常に身近にある誘惑で、ほんの数回ネットをクリックするだけで手に入ります。しかし、成功を望むなら娯楽を遠ざけ、目標に集中しましょう。一瞬の楽しみより、堅実な行動を重ね物事を成し遂げることで得られる深い満足感を知ってください。外界の雑音に邪魔されて自分の成功の声が聞こえなくならないようにしましょう。


8.安全志向


ほとんどの人は、やったことよりチャンスがあったのにしなかったことを後悔すると言います。「しまった...」は過ぎ去りますが、「もしあのとき〜していたら」は長く心の傷として残ります。人生は短いので、朝目覚めたとき後悔を感じている暇はありません。成功したいなら、大胆に勝負に出ましょう。


9.先延ばし


先延ばしは私たちがよくやってしまう悪習慣の1つです。1日先延ばしをすると、やり遂げなければならないことを心配しながらさらにもう1日過ごすことになります。ということは、一昨日済ませておかなければいけなかったことを明後日まで先延ばしすることになります。自分を律して先延ばし癖を無くすと、成功に向けて大きな一歩を踏み出したことになります。

さて、この中に思い当たる原因はありましたか?

自分は何に縛られているのか、少し時間をかけて見つけてください。そして、その原因から自分を解放するように努力しましょう。


9 Things That Will Keep You From Being Successful | Inc.

Lolly Daskal(訳:春野ユリ)
Photo by Pixta