樹木と間違えてビーバーにかじられた「電柱」倒れる前に一命をとりとめる

写真拡大 (全4枚)

ビーバーが木の幹を齧って、あっという間に木を倒してしまう--子供向けアニメなどによくあるシーンだが、まさにその証拠といえる写真が、米国ミネソタ州の電力会社「Lake Country Power」のfacebookに投稿された。

facebook/Lake Country Power

facebook/Lake Country Power

facebook/Lake Country Power

木製の電柱を樹木と間違えた

その写真には、電力会社からの次のようなコメントが添えられている。

「ビーバーがぐるりと周囲を齧った電柱は、ミネソタ州ウォーカー市のボーイ湖近くのもの。十中八九、木の幹だと思ったんでしょう。電柱1本を立て替えるのに2,750ドル(約32万円)かかります」

これを書いた電力会社スタッフの、ビーバー君への思いは複雑だ。

「まったく働き者の……金のかかるビーバーだ!」と書かれている。

ビーバーは木の葉を食べるために木そのものを齧って倒したり、川にダムを作るために木を齧り倒す習性がある。直径15cmの木をわずか10分で倒せるらしい。

こんなことは初めて

Lake Country Power社の電柱がこんな被害を受けたのは初めてのようだ。今後、ビーバーに齧られないように、金属製のカバーを付けるなどの対策を講じる予定だ。

これまで電柱を齧らなかったビーバーがなぜこの電柱を齧ったのか? それが不思議だが、原因は分かっていない。