展示されるキャデラック エルドラド ビアリッツ(1959・米)(トヨタ自動車の発表資料より)

写真拡大

 トヨタ自動車は20日、同社の文化施設である愛知県長久手市のトヨタ博物館が、2017年1月4日に常設展示初披露の19台を新たに加えるなどし、同館3階をリニューアルオープンすると発表した。

 トヨタ博物館は、1989年にトヨタ自動車創立50周年記念事業の一環として設立され、1999年には新館もオープン。現在は、国内外約160台の車両を展示している。2016年1月より、2019年の開館30周年に向けて常設展の大幅な見直しに着手しており、段階的にリニューアルを実施していた。

 1月に実施されたリニューアル第一弾では、これまで本館、新館の各フロアに分かれて展示されていた19世紀末の自動車黎明期から1950年代に至る外国車と日本車を、本館2階に集約し、8つのゾーンに分けて紹介を開始していた。

 今回のリニューアルでは、日本車のみであった本館3階に欧米車を含む常設展示初披露の19台も加えて展示。1950年代から現代に至る「創造への情熱」、「独創的な技術やデザインの推移」など、日米欧の自動車が互いに影響を受け、成長し、試練を乗り越えて発展してきた歴史を当時の時代背景とともに5つのゾーンで紹介する。ゾーンは、2階の8ゾーンから続きとなっており、これにより、19世紀末の自動車誕生から現代までの発展が連続したゾーンで一望できるようになる。

 新設のゾーンは「米欧日 それぞれの再出発」「経済成長と加速するモータリゼーション」「試練の時代。社会的課題への対応」「新たな車種の誕生」「持続可能な未来へ」とテーマが付けられており、展示車両は合計67台。新たに常設展に加えられる車両には、「フォルクスワーゲン タイプ1」「BMW イセッタ」など1950年代から、「レクサス RX」「ホンダ インサイト」など、2000年代の車両までが含まれる。

 また、同館常設展示リニューアル記念展として、「バックヤード収蔵車展」を2017年1月4日から6月25日まで新館2階で開催するほか、講演会や学芸トーク、学芸スタッフによるガイドツアー、走行披露なども関連イベントとして実施。クルマと文化を語るイベントも企画し、第1回は「本」をテーマに珈琲を楽しみながら語り合うイベントを行う。

 トヨタ博物館では、今後も新館常設展時や館内施設の充実を予定しており、車にかかわる貴重な書籍やポスターなどのコレクションを、新たに「文化展示エリア」として新館2階で紹介する計画だ。

 なおリニューアルに当たり、12月12日から2017年1月3日までは全館休館とし、2017年1月4日から9日までは小学生無料入館日とする。