中国外交部の華春瑩報道官は19日の定例記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領の南シナ海仲裁裁判に関する政策は中比両国及び両国民の根本的利益に合致すると述べた。資料写真。

写真拡大

中国外交部の華春瑩報道官は19日の定例記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領の南シナ海仲裁裁判に関する政策は中比両国及び両国民の根本的利益に合致すると述べた。

【記者】報道によると、ドゥテルテ大統領は17日、南シナ海仲裁裁判の裁定を棚上げし、中国側に何も強いず、中国と対立するつもりはないと表明した。これについてコメントは。

【華報道官】中国側はドゥテルテ大統領の姿勢表明を歓迎する。南シナ海仲裁裁判に関するドゥテルテ大統領の政策は中比両国及び両国民の根本的利益に合致し、双方の深まり続ける相互信頼と友好感情を示すものだ。

今年10月にドゥテルテ大統領の訪中が成功して以来、中比関係は全面的な改善と持続的な発展を実現し、双方の相互信頼は深まり続け、各分野の実務協力は全面的に展開し、積極的な成果を得てきた。中国側はフィリピン側と引き続き努力し、政治的相互信頼を強化し続け、南シナ海問題を適切に処理し、共同発展を連携して実現することを望んでいる。(提供/人民網日本語版・編集/NA)