「何気ない一言」がポイント! 疲れている男性を癒す5つのモテLINE術

写真拡大

忙しい男性を好きになると、会う時間がなかなか取れず寂しい思いをすることもあると思います。
でも、頑張っている彼のことは応援したいし、なんとか癒したいですよね。

そんな時は、LINEテクを上手に使うと、彼もきっとあなたに惹かれるはずです。
そこで今回は、疲れている男性を癒すLINEメッセージをご紹介します。

●「応援してるよ」

『大きなプロジェクトや商談前にさり気なく送られてきたら、嬉しいしドキッとする』(28歳/営業)

私はあなたの味方だよ、ということを伝えられるメッセージ。
頑張っているけど結果が思うように出ず、悩んでいる時などに送ると効果的です。

切羽詰まった時でも、自分の姿を見て応援してくれる人がいたら、なんとなく安心できて、もうひと頑張りできるものです。
彼が何かに頑張っている時はそっと背中を押す つもりでメッセージを送ってみては?

●「無理はしないでね」

『残業続きで、体調もあんまり良くないときに言われた時は身に染みた』(26歳/システムエンジニア)

「無理はしないでね」と体調を気遣うメッセージは、彼が多忙で疲れている時に送ると効果的。
彼は自分のことを心配してくれるあなたの優しさをしみじみと感じて癒されるはずです。

ただ、「ご飯はちゃんと食べてる?」、「睡眠はしっかりとらないとダメだよ!」などのメッセージは、母親のように思われてしまう こともあるため、控えた方がいいかもしれません。

●「おつかれさま」

『普通の言葉かもしれないけど、言われるのと言われないのでは全然ちがう』(27歳/会社員)

『ほんとに疲れてると返事をするの忘れがちだけど、一言でも送られてくるとやっぱり嬉しい』(30/営業)

何気ない言葉ですが、疲れている時はねぎらいの言葉が身に沁みるもの。

一仕事終えた時にねぎらいの言葉があるとないとでは疲れの感じ方が全然違ってきます。
仕事が終わったタイミングを見計らってメッセージを送ると、彼はほっとした気分になって癒されるはずです。

また、「おつかれさま」以外にも、「おはよう」「おかえり」「おやすみ」などの何気ない一言 も自然に送れるようになると、どんどん距離が縮まっていきますよ。

●「何かある時はいつでも言ってね」

『いつも見守ってくれてる感じがして、安心感がある』(25歳/商社)

彼が忙しいそうにしていて連絡する時間もない時は「何かある時はいつでも言ってね」とメッセージを送っておくと効果的です。
自分を気にかけてくれる女性が身近にいると、男性は安心感を覚えて癒されるものです。

何気ない会話で距離を縮めることも大事ですが、時には無駄なLINEをせず見守っておくことも大事 ですよ。

●「頑張ってるね!」

『頑張ってるねって言われると、認められた気持ちになってさらに自信もつく』(29歳/会社員)

「頑張ってるね!」と言われると、自分の頑張りが認められた気がして嬉しくなるものです。
応援する時は「頑張って!」や「頑張れ!」を使うのが一般的ですが、それだと「もう精一杯頑張ってるんだけどな…」と感じてしまう男性もいます。
はっぱをかけるつもりで「頑張れ!」と送るのはいいですが、疲れている彼には「頑張ってるね!」と努力を褒めるような言葉 をかけてあげた方が効果的です。

----------

(文/恋愛jp編集部)