どんなに大事に使っていても、形あるものはいつか壊れます。

しかし修理の工夫によっては、新品よりも、むしろ味のあるものに生まれ変わります。

修理の達人たちによる、上手な修復例をご紹介します。

 

People Who Found Awesome Ways To Fix Broken Things

1.

壊れた柱を古本で代用。

2.

子供が喜びそうなダメージジーンズの補修。

3.

きれいな柄のダクトテープは万能。

4.

修理をしなくても、アクション系のフィギュアを並べるだけでクールに。

5.

カラフルなベルトでイスのシート代わり。

6.
[画像を見る]
これならへこんだバンパーも愛着が湧きます。

7.
[画像を見る]
バンパーの中身はファンタジー。

8.
[画像を見る]
割れたスマートフォンも壁紙ひとつ。

9.
[画像を見る]
レゴで塀の補修。

10.
[画像を見る]
えぐれた地面をタイルで装飾。

11.
[画像を見る]
破れたソファをレースで継ぎ当て。

12.
[画像を見る]
あちこち破れるほど、レース編み の楽しみが増えますね。

13.
[画像を見る]
壁のひび割れがシルクロードに。

14.
[画像を見る]
「初めての感謝祭2015:表現手段:手、壁」
子供のやんちゃも額縁に飾った途端に美術館のアートのように。

15.
[画像を見る]
割れた鏡も、上からタイルを貼ればおしゃれに。

16.
[画像を見る]
欠けたイスのパーツをクリアな素材で補修。消えかかっているような不思議なデザインに。

17.
[画像を見る]
植木鉢が割れたら、創作チャンス。
(参照:「割れた植木鉢を捨てるなんてもったいない!」驚きの大変身を遂げたリサイクル作品いろいろ:らばQ)


以上17点。

物が壊れたら残念な気持ちになりますが、アート心のある修理を覚えたら、むしろ壊れるのが楽しみになりそうです。

[画像を見る]
日本には、割れた陶磁器やグラスを漆で接着し、金粉で装飾する伝統的な修復技法「金継ぎ 」がありますね。
(金継ぎ - Wikipedia)

【新品よりも味がある…修理の達人による修復例いろいろ】を全て見る