12月20日(火)放送の「なんでも鑑定団」は、驚きの結果にMCの今田耕司&福澤朗が仰天!/(C)テレビ東京

写真拡大

12月20日(火)放送の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系ほか、毎週火曜夜8:54-9:54ほか)で、「幻のお宝」が登場することが分かった。

【写真を見る】「番組始まって以来の発見」に、アシスタントの片渕茜アナ(写真右)も驚き!/(C)テレビ東京

「―鑑定団」は今田耕司と福澤朗がMCを務めるバラエティー番組。鑑定依頼を受けた“お宝”の歴史的、資料的、金銭的価値を発表すると共に、そのお宝に対する人々の思いなどを披露する。

今回の依頼人はラーメン屋の主人。骨董(こっとう)好きだった曽祖父が、戦国武将の子孫から譲り受けた物だという。

「残したお宝を父から受け継いだが、興味がなく長年押入れに放ったらかしにしてしていた」と話す依頼人。その品が高価な物である自覚はなさそうだ。

しかし、これがとんでもない一品で、古美術鑑定家・中島誠之助も驚きの表情。

それは、世界に3点しかないと言われる「幻のお宝」。4点目の出現に、中島は「番組始まって以来の大発見」と絶賛。

そして、鑑定額は番組中に発表される。

また、スタジオゲストには、元プロ棋士の神吉宏充が登場。出張鑑定のコーナーでは、石田靖が福岡・福津を訪ねる。

データ放送では、お宝の鑑定額当てクイズに挑戦することができる。放送を見ながら、驚きの鑑定額を予想してみよう!