「よくわかる!がんの授業」のアニメ(日本対がん協会のウェブサイトより)

写真拡大

公益財団法人・日本対がん協会は、がんについて分かりやすくクイズ形式で学ぶことができるアニメの動画教材「よくわかる!がんの授業」を、2016年11月17日から協会のウェブサイトで公開している。

中高生向け保健体育教材として文部科学省が選定したものだが、一般の人にも役立つ内容になっており、同協会では「がんの予防やがんになった時のためにぜひ活用してほしい」と呼びかけている。

「早期発見とがん検診」「がんの治療法」が分かりやすく

同協会のウェブサイトによると、東京大病院放射線科の中川恵一准教授が監修した。「がんってなに?」「がんの種類」「2人に1人が、がんになる」「がんの予防」「早期発見とがん検診」「がんの治療法」「緩和ケア」「生活の質」「患者への理解と共生」「命の大切さ」などクイズと解答、解説などを全10話(計31分余り)にまとめた。1話ごとでも視聴できる。協会ウェブサイトには、教材を授業で使う際の「指導の手引」も掲載している。