ほかの男と……! 女子がわざとやった彼が嫌がること6つ!

写真拡大

彼氏の愛情を感じたいばっかりに、「焼きもちを焼いてほしい!」と思ってしまった経験がある人も、きっと少なくはないでしょう。愛情表現が少なめの彼氏だと、特にそう思うかもしれませんね。今回は、そういう気持ちになったとき、世の女性たちがどんな行動を取ったのかを調査してきました。

Q.恋人に焼きもちを焼いてほしくて、相手が嫌がりそうなことをわざとしてしまったことはありますか?

「ある」……21.8%
「ない」……78.2%

約5人に1人の女性が、「焼きもちを焼いてもらいたいばっかりに、彼氏が嫌がりそうなことをしてしまった……」と答えていますね。では、彼女たちが一体どんなことをしたのか、詳しく聞いてみましょう。

■そっけないふりを

・「そっけない態度を取って、かまってもらおうとしました」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「飲み会の予定もないのにあって忙しいふりをした」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

彼氏があんまりにも自分に興味を持ってくれてないような気がするのなら、「押してダメなら引いてみろ」というように、一度あえて距離を取ってみる、という手も。寂しくなった彼氏のほうからアプローチしてきてくれるかもしれません。

■ほかの男性と仲よく

・「ほかの男友だちと仲よくしてみせて、逆に怒られた」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「会社の同僚と付き合っていて、わざと他の同僚と立ち話で盛り上がっているところを見せたら、案の定彼氏が嫉妬して、かなり落ち込まれたので、逆に申し訳ないことをしたなと思った」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

自分の彼女がほかの男性と仲よくしているところを目の当たりにして、「何も感じない」なんて彼氏のほうが少ないでしょう。しかし、嫉妬を通りこして、怒り出す人もいるかもしれません。

■ほかの男性とお出掛け

・「先日会った友だちの中に男性がいたことを話す。彼氏は私が浮気するような人じゃないと思っているので失敗しました」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「男友だちと食事に誘われたから行くと言いました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

ほかの男性と2人きりで飲みに行くのはもちろんのこと、大人数の飲み会でも、男性が混じっていることを気にする彼氏もいることでしょう。あえて事後報告する、という手もありますね。

■ほかの男性の話を……

・「ほかの男性の話をした。まったく嫉妬されなかった」(32歳/学校・教育関連/技術職)
・「昔の彼氏の話をしまくったら不機嫌になった」(34歳/情報・IT/販売職・サービス系)

職場の男性や、男友だちのちょっとした面白い話を彼氏の前で披露したら、「もしかして、俺よりも興味があるんじゃ……」と彼氏も不安に思ってくれるかもしれません。ただ、「彼氏に対して配慮がない!」と不機嫌になる人もいるでしょう。

■連絡を……

・「ほかの男性に送るLINEをわざと間違えて彼氏に送った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「目の前でメールをしてみたりする」(25歳/生保・損保/営業職)

自分以外の男性との連絡は、彼氏にとって、非常に気になるものでしょう。だからこそ、あえて、「連絡を取り合っている人がいる」アピールをしてみるのも効果的かもしれません。

■ナンパされちゃったんだよね

・「ナンパされたことを報告した。焼きもちを焼いてくれた」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

誘いを断ったとしても、彼女がナンパされた、と聞いたら、彼氏も気が気ではないでしょう。「自分の彼女」という意識がちゃんとあるのなら、他の男性のちょっかいを許すわけはありません。

■まとめ

焼きもちを焼いてもらうことも愛情表現の一つではありますが、気持ちを試すような行動を取りすぎてしまうと、次第に彼氏の心も離れて行ってしまうかもしれません。「たまには焼きもちの一つも焼いてよ!!」と思っても、ほどほどの行動を心掛けたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数156件(22〜34歳の働く女性)