写真提供:マイナビニュース

写真拡大

神木隆之介主演の映画『3月のライオン』(前編2017年3月18日、後編4月22日公開)の前売特典が20日、明らかになった。

同作は、漫画家・羽海野チカによる同名コミックを実写化。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木隆之介)を主人公とし、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく様を描く。

前売り券は、1月14日に発売。一般券(税込1,400円)、前・後編のセット券(税込2,600円)の2種類となる。セット券購入者には、2万枚限定で特典クリアファイルがプレゼントされる。クリアファイルの表面は、原作者である羽海野が、映画の中で佇む桐山零の場面カットをイラストとして描き下ろした。裏面には、桐山零の写真がデザインされる。

また、イラスト原画は福岡・博多阪急で開催される「羽海野チカの世界展〜ハチミツとライオンと〜」に展示される。開催は23日から2017年1月3日まで。