【REPORT】FTISLAND&CNBLUE&AOAら大集結!年に一度のお祭り「2016 FNC KINGDOM IN JAPAN - CREEPY NIGHTS -」開催!

写真拡大

FTISLAND、CNBLUE、AOAらが所属するFNC エンターテインメントが主催する音楽フェスティバル「2016 FNC KINGDOM IN JAPAN - CREEPY NIGHTS -」が12月10日・11日、千葉県・幕張メッセで開催された。

同フェスの日本での開催は今回で4回目。今年は “FNC KINGDOMの王座をめぐり競い合う”というテーマで、サブタイトルの「CREEPYNIGHTS=身の毛もよだつ夜」を具現化するような荒廃した城を思わせるステージを舞台に、6組のグループが熱いバトルを繰り広げた。

オープニングアクトを飾ったのは、FNCを牽引する2バンドのリーダーであるヨンファ(CNBLUE) とジョンフン(FTILAND)。ヨンファは白スーツを白いグランドピアノの前に、ジョンフンは黒スーツで黒のグランドピアノの前に座ると、ピアノ連弾を披露。幻想的なメロディーでライブの幕を開けた。オープニング映像を挟み、黒いマントをかぶったアーティストたちが、グループごとに客席の中央に設けられたセンターステージに登場。マントのフードを取る度に、会場から大きな歓声が響いた。ヨンファは「AreYou Ready? 今日は楽しんでいいライブを作りましょう!」と気合十分。ホンギは「楽しんで」と話し、たからかに開幕を宣言した。

昨年のFNC KINGDOMでオープニングアクトを飾った練習生グループ「NEO SCHOOL」(NEOZ)のメンバーの中から選ばれた、FNC初の9人組男性ダンスグループSF9は、紅白のスーツを身にまとい、昨年NEOZとして披露した「K.O.」とデビュー曲の「fanfare」の2曲を、全力&初々しいパフォーマンスで繰り広げた。

デビューをかけたサバイバルオーディション番組「d.o.d」でSF9と壮絶なバトルの末、デビューを逃した“バンド組”の4人もインディーズバンドHONEYSTとして登場。AOA、FTISLAND、CNBLUEの楽曲をアレンジしたメドレーをエネルギッシュな演奏で聞かせ、ポテンシャルを見せつけた。

また、今年2月に日本デビューを果たした“期待のルーキー” N.flyingは、新人らしからぬ盛り上げ方と表現力豊かなパフォーマンスで日本メジャーデビューシングル「Knock Knock」他3曲を披露。

FNC KINGDOMの紅一点“AOA”は、代表曲「Like a cat」、小室哲哉プロデュースの新曲「WOW WAR TONIGHT 〜 時には起こせよムーヴメント girls ver」ほか全6曲を、キュート&セクシーなパフォーマンスでイベントに華を添えた。西川貴教(T.M.Revolution)とのコラボで話題となった「愛をちょうだい 」を歌う際には、西川貴教の代わりに、サングラス姿でライダースーツに身を包んだホンギ(FTISLAND) がサプライズ登場。パワフルな歌声でAOAとの絶妙な掛け合いを見せ、大いに盛り上げた。

自らのソロステージの際には、ステージを振り返ったホンギ。「西川さん役をやりました。リッキー・マーチンみたくやりたかったけど、それはちょっとやりすぎだと思って。かっこつけてやってみたんですけど、AOAのファンの方、僕、歌ってよかったですか?」と観客に投げかけ、AOAのファンから温かい拍手を浴びていた。

FTISLANDは「この帝国に最も長く君臨する者」という映像紹介でステージに現れる堂々っぷり。ホンギは登場早々、「今日の調子はどうだ?」とファンを挑発。そんな攻めの姿勢は、スピード感あるロックナンバーを中心としたこの日のラインナップにも表れていた。1曲目の「AQUA」から、アグレッシブなボーカルを見せるホンギ、「wow wow〜」と雄叫びのようなコーラスでそれをもり立てるジェジンとジョンフン、ステージにあがる炎。すべてがひとつになった迫力は半端なく、観客席から思わず「これ、すげえな」という声が聞こえ漏れてくるほど。「TIME TO」「PRAY」と3曲を終えたあとのトークでは、「5時だと普通のライブだとメイクの時間だよね」(ホンギ)「ホンギは5時ぐらいに起きるやん」(ジョンフン)「起きたすぐあとの方が声が一番いいから」(ホンギ)「初めて聞くよ(苦笑)」(ジェジン)と、三人のコンビ芸人のようなやり取りでわかせた。