旅行予約サイト携程旅行網が12月10日現在の春節(旧正月、来年は1月28日)の国際線航空券予約データを分析したところ、2017年の春節長期連休で予約件数が多かった10大海外都市は、台北、バンコク、東京、シンガポール、香港、プーケット、ソウル、大阪、札幌、シドニーだった。地域別にみると、引き続き東南アジアが最も人気の高い海外旅行先で、全体の3割を占めた。日本と韓国は2割を占めた。その後には香港地区、欧州、北米、オセアニアが続いた。北米とオセアニアは中国人を対象とした査証(ビザ)の発行要件緩和政策を受け、旅客数が目立って増加している。また南アジア、西アジア、中南米、アフリカなどあまり人が行かない地域を選ぶ旅行者も一定数いる。

▽成都と杭州が北京・上海・広州を猛追

旅客がどこから来たかをみると、上海、北京、広州が引き続き海外観光市場を引っ張ったが、成都、杭州、南京などの二線都市も急速に力を付けており、春節期間の海外旅行者数は帰郷者の多い深センをすでに上回り、観光市場における新たな成長源になっている。二線都市の旅客の海外旅行先の好みはそれぞれ特徴があり、杭州と南京の人は香港・マカオ・台湾やオセアニアを好み、成都の人は欧米を、青島と天津の人は日韓を選び、昆明は南アジアにとって主要な旅客供給源になっている。

▽7日の連休では遊び足りない

春節の長期連休は7日間あるが、海外の遠くへ出かける場合は十分な日数とはいえない。携程のビッグデータによると、来年の春節の中国人観光客の国際線航空券予約状況の統計をまとめたところ、海外旅行の平均日数は9.2日間で、平均して少なくとも2日間の有給休暇を取っていることがわかった。目的地別にみると、東南アジアに行く人の旅行日数が最も短く、平均6.8日間だった。最長はオセアニア旅行で平均15.9日間。出発日をみると、大晦日の前々日と前日にあたる26日、27日がピークで、海外で旧暦のお正月を迎えるという人が多い。(提供/人民網日本語版・編集/KS)