写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パロアルトネットワークスは、米Palo Alto Networksが昨年10月に公開した「Navigating the Digital Age:the definitive cybersecurity guide for directors and officers」の日本語版となる「マネジメントのためのサイバーセキュリティ」を20日、公開した。同社Webサイトからダウンロードできる。

2015年10月に公開された米国版「Navigating the Digital Age:the definitive cybersecurity guide for directors and officers」は、ニューヨーク証券取引所と米Palo Alto Networksが共著で発刊し、無償配布したセキュリティ指南書で、経営的視点でのセキュリティを捉えた300ページにおよぶもの。

日本語版はパロアルトネットワークスの副会長の齋藤ウィリアム浩幸氏が中心となり、日本語版のためにサイバーディフェンス研究所 上級分析官 名和 利男氏、NTT 特別参与 横浜 信一氏、日本経済団体連合会 サイバーセキュリティに関する懇談会 座長 梶浦 敏範氏など日本の有識者たちが執筆しており、サーバーセキュリティの現状から企業経営とセキュリティ、ベストプラクティスの設計、インシデント対応、投資判断、従業員教育から法的側面まで広範な範囲をカバーした書籍資料となる。

(長岡弥太郎)