©︎2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

2016年12月16日(金)に公開された映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。

【動画】これぞスター・ウォーズ!『ローグ・ワン』本予告〜フォース編〜

『スター・ウォーズ』初のスピンオフ作品として、デス・スター設計図を奪うまでの物語が明らかになります。

「もうひとつのスター・ウォーズ」の物語として、これまでのスター・ウォーズを知らない人でも楽しめるようになっている『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。

初心者でも楽しめるポイントをご紹介します。

「第1作」の10分前までの物語

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で描かれるのは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の10分前までの物語。

『ローグ・ワン』のエンディング直後に『新たなる希望』のオープニングが始まるという繋がりがあります。

その『新たなる希望』のオープニングというのが、ダース・ベイダーに追われたレイア姫が「デス・スターの設計図」をR2-D2に託すというもの。

『ローグ・ワン』は「デス・スターの設計図」がいかにしてレイア姫の手に渡ったかを描く物語です。

主役ははぐれものチーム「ローグ・ワン」

これまでのスター・ウォーズの主役は、生まれつき強いフォースを持つ、いわば天才たちでした。

しかし、『ローグ・ワン』の主役は、反乱同盟軍のはぐれものたち。

これまで描かれることのなかった、名も無き人々の物語です。

他の作品では名前すら出てこない主人公たちが活躍します。

つまり、スター・ウォーズの登場人物を全く知らなくても何の問題もなく『ローグ・ワン』を楽しむことができます。

また、フォースやライトセーバーのような、スター・ウォーズならではの特殊な概念もあまり重要ではなく、純粋な戦争映画に近くなっています。

銀河帝国:恐怖で銀河を支配しようとする人たち。これに対抗するのが反乱同盟軍。

デス・スター:帝国が建造中の最強兵器。

ダース・ベイダー:エピソード4以降で主な悪役となる銀河帝国の割と偉い人。

フォース:触らずに物を動かしたりできるすごい力。ジェダイやダース・ベイダーはフォースを扱うのがうまい。

ざっとこんな感じの知識があれば、誰もがスター・ウォーズの世界に入り込める作りになっています。

スター・ウォーズはデス・スターを巡る攻防戦

スター・ウォーズシリーズはエピソード4〜6(旧三部作)が先に公開され、その後エピソード1〜3(新三部作)までが公開されました。

ざっくり言うと、エピソード1〜3はジェダイ(良いフォースの使い手)と「元老院」による旧態依然の政治に対して、シス(フォースのダークサイドの使い手)によりダース・ベイダーが誕生し、シスによる「銀河帝国」の支配が始まるまでの物語。

エピソード4〜6は銀河帝国が最強兵器「デス・スター」を建設する中、ジェダイと仲間の残党による「反乱同盟軍」がシスと戦い、デス・スターを破壊して銀河を取り戻そうとする物語。

デス・スターは、惑星のような巨大な兵器で、レーザーで惑星丸ごと吹き飛ばせるほどの威力を持つ最強の兵器。

これが完成してしまうと銀河はデス・スターの前に恐怖で支配されてしまいます。

エピソード4では反乱同盟軍が手に入れたデス・スターの設計図を使ってデス・スター破壊に挑むのですが、この設計図をどうやって手に入れたのかが明らかになるのが『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』です。

ところが、そこまで重要な作戦だったのに、功労者たちの名前がエピソード4で出てくることはありません。

無名戦士たちはなぜデス・スターの設計図を奪いに行くことになり、なぜ後に語られることもなかったのか。

はぐれものたち「ローグ・ワン」による、もうひとつのスター・ウォーズが幕を開けます。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)公開