ニューヨークとロンドンの若者 ワインの好みに多くの共通点

写真拡大

20年後、私たちはどんなワインを飲んでいるのだろうか。ワイン産業はどうなっているのだろうか。今の若者の飲酒事情から、それがうかがえるかもしれない。

そもそも、21歳から35歳の若者はワインを飲むのだろうか?頻度、銘柄、選ぶ基準は何だろうか?フランスのマーケティング・コンサルティング会社のSOWINE/SSIが実施した、ニューヨークとロンドンの若者に関する調査結果を見る限り、ワイン界の将来はかなり明るそうだ。

アメリカとイギリスは、金額ベースで世界最大のワイン輸入国である。数量ベースではドイツに次いでそれぞれ2位と3位だ。では、ニューヨークとロンドンの若者はワインをどれくらい飲むのかというと、かなりの量を飲んでいるようだ。

ニューヨークでは52%、ロンドンでは59%の若者が頻繁にワインを飲んでおり、ワインの世界に強い関心を持っている(ニューヨークが78%、ロンドンが67%)。ワインを飲んだことがないと回答した若者は、ニューヨークがわずか3%、ロンドンが12%だ。

これに対して、フランスではなんと30%の若者がワインを飲まないと回答。味が嫌いというのが主な理由だ。

若者たちはワインについて知識があるのだろうか?ニューヨーカーの方が、ワインについて詳しい、あるいは彼らの方が自信があるようだ。ワインについて全く知識がないと感じている若者は、ロンドンの16%に対しニューヨークはわずか6%。自分を”ワイン初心者”だと思っているのは、ニューヨークが39%、ロンドンが48%で、”エキスパート”と思っているのはそれぞれ13%と7%だった。

では若いワイン愛好家たちは、何を飲んでいるのだろうか?ニューヨークとロンドンで最も人気の高いぶどうの品種は意外にもメルロー(ニューヨーク34%、ロンドン27%)。2位はピノ・ノワールで、3位がシャルドネ、4位がソーヴィニヨン・ブランで5位がカベルネ・ソーヴィニヨンだった。英米の若者の好みはほぼ一致しているが、リースリングとカベルネ・フランはロンドンよりもニューヨークでの人気がずっと高かった。

ワインの原産国はどうだろう。ニューヨークの若者はアメリカ産を最も好み(47%)、2位がフランス産、3位がイタリア産だった。ロンドンの若者は、フランス産を最も好み(40%)、2位がイタリア産、3位がスペイン産だった。アメリカやチリなど”ニューワールド”産のワインがトップ3に入らなかったのは興味深い。

だがいずれの都市の若者も、ワインを購入する際に最も重視するのは原産国よりも価格だと回答。つまり好みの原産国と最終的に購入するワインの原産国が常に同じとは限らないのだ。

調査結果によると、ニューヨークでもロンドンでも、女性よりも男性の方がロゼを多く飲んでいる(いずれもロゼよりも赤を好むが)。また多くの人は白ワインよりも赤ワインを飲んでおり、世界全体の生産量も白より赤の方がずっと多い。

またニューヨークの若者は”甘み”のあるワインを好む(52%)。しかし、必ずしも甘口のワインがいいという訳ではない。おそらく辛口のワインに若干の甘みを感じられるものが好みなのだろう。一方ロンドンでは、甘みのあるワインを好む若者はわずか39%だった。

だがロンドンの39%という数字もかなり高い。そのほかの国で調査を行っても、同じ結果が出るだろう。おそらくこれらの若者の多くは、ディナー以外の場面でワインを飲むことが多いのだろう。だから渋みや酸味を嫌い、口当たりが良く飲みやすいワインを好むのだ。

またオーガニックワインを好むという若者の割合は、英米いずれも同程度(ニューヨークが19%、ロンドンが20%)。アルコール度数が低いワインを好む若者は、ニューヨークが18%でロンドンが14%だった。

こうした調査結果については、常にある程度の疑いを持って解釈すべきだが、それでも興味深いトレンドを示していることは確かだ。