平匡さんち住みやすそう(画像は公式サイトより)

写真拡大

アットホームは全国のテレビドラマを観ることが好きな20〜60代の男女を対象に、「2016 年のテレビドラマに出てきた"住んでみたい家"」を調査しました。

調査対象となった620人が2016年に観たドラマの本数は平均10.2本。筋金入りのドラマファンが選ぶ「憧れの住まい」見てみましょう!

恋ダンスも踊れちゃう、ちょうどよい広さ

"住んでみたい家"の1位に輝いたのは、大人気になった「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系2016年10月期)のヒラマサさんこと、星野源さん演じる津崎平匡の家でした。

選んだ理由は、「シンプルで暮らしやすそう」「日当たりが良い」「おしゃれ」「間取りや広さがちょうどいい」など......。

明るく落ち着いた雰囲気のリビングは、ブームになった「恋ダンス」を踊る舞台でもあり、印象に残っている方が多いのかもしれません。たしかに、あの部屋でみくりちゃんになりきってダンスできたら楽しいかも!

2位は、「IQ246 〜華麗なる事件簿〜」(TBS系10月期)の天才探偵、法門寺沙羅駆の家。織田裕二さんが演じています。貴族の落胤(らくいん)の子孫という設定なので、住んでいるのは豪邸です。「豪邸に住んでみたい」「使用人もいて広々している」という理由が多く見られました。

3位は「世界一難しい恋」(日本テレビ系4月期)の嵐・大野智さん演じる鮫島零治の家でした。こちらも一流ホテルの社長の家ということで、「豪華で品のいい高級マンション」「キッチンがすてき」などが選んだポイントのようです。

4位以降も冬ドラマが強し!

4位は石原さとみさん主演の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系10月期)のコーエツちゃんこと河野悦子の家。「おしゃれ」「かわいい」のほか、「下の階のおでん屋さんがいい」という方も多くいました。確かに、あんなアトホームな雰囲気のお店がすぐ下にあったら、毎日通ってしまいそうです。

5位は「Doctor-X〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日10月期)の大門未知子が住む「神原医師紹介所」。米倉涼子さんの「私、失敗しないので」のキメ台詞が人気。ドラマ第4弾も好調です。「麻雀卓があって楽しそう」といった声のように、仲間たちとわいわい盛り上がる様子が印象に残っている人が多いようです。レトロな雰囲気も素敵ですよね。

さらに、「逃げ恥」は"住んでみたい場所"でもトップに選ばれるという快挙を成し遂げました。ドラマの主な舞台である"横浜"が1位になったのです。ちなみに、みくりちゃんの実家がある"館山"という回答も複数見られました。逃げ恥効果は絶大ですね。

住んでみたい場所では、「科捜研の女」の"京都"が2位に、「べっぴんさん」の"兵庫"と、「好きな人がいる こと」の"湘南"が同票を集め3位になっています。

調査はアットホームが2016年12月9日〜10日、テレビドラマを観ることが好きな、20〜60代男女各310人、計620人を対象にインターネットで。