『ブレードランナー 2049』の初公開映像を見る

写真拡大

SF映画史上、最高の傑作として公開後30年以上も語り継がれるリドリー・スコット監督の『ブレード ランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』の予告編が公開された。

待望の新作『ブレードランナー 2049』の舞台は、オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界。予告編の冒頭は、オリジナル版に存在するデッカードの台詞、「レプリカントが機械なら問題ない。反抗しなければね」で幕を開ける。彼はかつて、人間と見分けのつかない"レプリカント"の反逆を阻止するために結成された捜査官 "ブレードランナー"の一員だった。ライアン・ゴズリング扮する新人捜査官に「俺はかつて有能だった」と語りかけるが、今はいったい何者で、二人の関係がどのように発展していくのかという謎は包まれたままだ。独特の映像美、かつての興奮を呼び覚ます音楽など、ファンならずとも期待せずにはいられない話題作である。

ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカードを続投し、『ラ・ラ・ ランド』のライアン・ゴズリングが主演を務める。リドリー・スコット製作総指揮の下、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで高く評価されるドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンをとった。

ヴィルヌーヴ監督は、「僕は子どもの頃から、独特な異世界へ連れて行ってくれる個性的な映像スタイルのSF映画に惹かれてきた。その中でも、オリジナル版『ブレードランナー』は、断トツで史上最高の傑作だ。SFとフィルムノワールを融合させたリドリー・スコットは天才だ。新しい『ブレードランナー』は、一作目の延長線上にあり、数十年後の世界の話なんだ」と語っている。

『ブレードランナー 2049』は、2017年11月に全国公開。


『ブレードランナー 2049』
製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタほか