自分が真剣に悩んでいて、きちんと話し合いをしたいのに、彼氏がチャラけてばかりで話しにならないとか、そもそも話を聞いてくれない……という悩みを抱えている女子もいるはず。彼氏への不満がたまっていくと、それが喧嘩や別れの原因にもなりかねません。

そこで今回は、彼氏と話し合いができないときの対処法について見ていきます。さっそくご紹介しましょう!



手段1.まずは彼氏と遊ぶ!


「彼氏と話し合いをしたいのに、おちゃらけてばかりで話を聞いてくれないとき、わたしはまず彼氏と遊ぶことにしています。遊び終わって、ふたりの気持ちがしっくりなじんでいるタイミングを見計らって、彼氏に話し始めます」(24歳・モデル)

彼氏と話し合いにならないときって、男子特有の気恥ずかしさがそうさせていることもあります。だから、彼と彼女の気持ちがしっくりなじむタイミングを作ることが、ベターな方法だったりするのです。

タイミングを作ることが大切なわけ


男子特有の気恥ずかしさに、もっと理解を寄せてみてはいかがでしょうか。ある種の女子がハダカになることに気恥ずかしさを覚えるのとおなじように、男子は好きな人の前でマジメに振る舞うことに気恥ずかしさを覚えることもあるのです。だから、女子が「ちゃんと話ができるタイミングを作る」ことが大切になるときがあるのです。

手段2. 一方的に彼氏に伝えたいことを話す(LINEする)


「わたしの彼氏は、わたしの話をほとんど聞いてくれません。でもわたしが言いたいことを聞いていないふりをして、全部聞いているのです。言いたいことを一方的に話したりLINEしたりすると、後日ちゃんと返事が返ってきます」(26歳・飲食)

男子って、彼女の話を「聞いていないようで聞いている」生き物です。

ちゃんと伝えれば彼氏だってわかってくれる


話を聞いてくれないからといって、彼氏のことを「彼女の話すら聞いてくれない男」だと思って、あきらめないことです。自分が言いたいことをちゃんと彼氏にLINEするなり、一方的に話すなりすれば大丈夫です。
「わたしの話を聞いてくれないってなにごと! こんなんじゃ、付き合っている意味がないじゃない」と怒るから、そこでふたりの関係が途切れてしまうのです。

手段3.頭がさえている朝に話をする


「彼氏と話し合いをしたくても話ができないときは、あきらめて寝ます。そして、翌朝話をします。この方法で問題なく3年付き合えています」(25歳・生保)

夜は、男女ともに疲れていたりもしますからねえ……。

気持ちもスッキリしている分、話もまとまりやすいかも


彼氏とカラダの関係が少なければ、会話の時間も少なくて当然といえば当然かもしれません。
仕事が終わったあとにカップルで話し合いの時間を持てなくて悲しい思いをするくらいなら、しっかり寝た翌朝、頭がスッキリした状態で話し合いの時間を持ってみるのも方法でしょう。

最終手段. 彼氏を叱る


「彼氏と話し合いにならないときは、たいてい彼が私の話をゲームをしつつ背中を向けて聞いているときです。だから私は彼氏を叱ります。『人の話は、ちゃんと聞くものだ』と。叱ればちゃんと話を聞いてくれますし、自分の意見をちゃんと言ってくれます」(27歳・看護師)

男子って、ときに母親に見せる態度とおなじ態度を、彼女に見せちゃう「子ども」なんですね。

叱ることのできる彼女になる!


常識的に彼氏がおかしなことをした場合、それを叱るというのも彼女の重要な役割なわけです。彼女の話をちゃんと聞かない彼を叱るとか、お酒を飲みすぎる彼を叱るとか……こういうことができれば、ふたりの関係は長持ちします。ぜひあなたも「叱ることができる彼女」を目指してみては?

いかがでしょうか。
彼氏とまともに話し合いができないと、別れにつながる可能性がすごく高くなると思います。話し合いができないというのは、もちろん彼氏の子どもっぽい態度に原因があるわけです。

でも、そういう彼の態度を彼女として神経質に受け止めてしまうと、カップルの関係がもっと悪化するのです。彼氏と話し合いにならないときは、寝ちゃって翌朝に話をするようにするなど、ポップでライトなテクニックをうまく使うといいのです。
(ひとみしょう)