写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京地下鉄(東京メトロ)は、訪日外国人向けにメガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を導入することを発表した。12月31日から浅草駅と明治神宮前<原宿>駅にて運用を開始する。

東京メトロが大晦日より導入する「メガホンヤク」は、増加傾向にある訪日外国人への案内の充実を図るための新サービス。案内する内容を事前に端末に登録しておくことで、異常時(災害等の発生時)や大規模イベント開催時など、その状況や場所に合わせて日・英・中・韓の4か国語での音声案内を実現するもの。

東京メトロではサインシステムや車内ディスプレイ、改札口ディスプレイ、自動旅客案内装置の一部に4か国語表示を取り入れているが、 4か国語による「音声案内」は初導入となる。

同サービスは大規模なイベント等が実施される駅で運用されるという。12月31日〜2017年1月3日は、大みそかや初詣で多くの利用者で賑わう浅草駅と明治神宮前<原宿>駅で運用される予定となっており、今後は東京マラソンや花火大会等での使用を想定しているとのことだ。運用台数は5台。

(早川厚志)