アフリカには多くの独裁者が存在する(アフロ)

写真拡大

 自らに批判的な国民を監視・弾圧し、次々と虐殺する者。地位を守るため法律を好き勝手に変える者──。今も世界には数多くの独裁者が君臨しているが、アフリカ諸国を中心に統治する10人の独裁者を紹介しよう。

〈ムバラクの軍事独裁を継承〉
●シシ大統領(62歳)/エジプト・アラブ共和国/統治歴2年
 エジプト初の文民大統領モルシをクーデターで排除して政権を奪取。30年続いたムバラク政権よりも独裁色が強いとされる。

〈同性愛者は死刑か国外退去〉
●ジャメ大統領(51歳)/ガンビア・イスラム共和国/統治歴22年
 同性愛者には国外退去か死刑を通告。近年は「魔女狩り」が話題に。

〈対ボコ・ハラムに奮闘〉
●デビー大統領(64歳)/チャド共和国/統治歴25年
(過激派組織)ボコ・ハラム対策で軍を動かし存在感を示す。近年、国際的な評価が上昇。

〈「報道の自由度」最下位〉
●イサイアス大統領(70歳)/エリトリア国/統治歴23年
 拷問や裁判なしの処刑が横行し、多数の難民が発生。

〈「世界最悪の人道危機」の首謀者〉
●バシール大統領 (72歳)/スーダン共和国/統治歴27年
 5年間で20万人以上が死亡したとされる世界最悪の人道危機「ダルフール紛争」の首謀者。中国に擦り寄るも隙間風が吹く。

〈富を一族で独占〉
●ンゲマ大統領(74歳)/赤道ギニア共和国/統治歴37年
 石油収入による富を大統領一族が独占。豪遊ぶりが有名な息子に世襲か。

〈パリ大学出身のエリート〉
●ビヤ大統領(83歳)/カメルーン共和国/統治歴34年
 閣僚や裁判官はもちろん、多くの企業責任者の任命権も持つ。

〈戦争で稼ぐ世界最高齢の独裁者〉
●ムガベ大統領(92歳)/ジンバブエ共和国/統治歴36年
 妻が所有するコンゴのダイヤモンド鉱山を守るため、国境を接してもいない同国の内戦に国軍を派兵するなど政治を私物化。

〈王妃は10人以上も〉
●ムスワティ3世(48歳)/スワジランド王国/統治歴30年
 アフリカ唯一の絶対君主制。国家経済は破綻寸前。

〈大統領選の対抗馬を逮捕〉
●ムセベニ大統領(72歳)/ウガンダ共和国/統治歴30年
 村落単位まで与党支部を置き国民支配を徹底。2016年大統領選で5選。

監修■六辻彰二(国際政治学者)

※SAPIO2017年1月号