tv_20161220133024.jpg

写真拡大

国民生活センターは「水素水」の一部に、法律違反のおそれがある食品表示があると発表した。「さまざまな症状や老化から身を守ることができる」「ダイエット効果も期待できるといわれている」「がん細胞の増殖を抑える」「緑内障・白内障の予防効果に注目」などが問題とされた。

東京大の唐木英明名誉教授は「水素自体が病人の治療に何か効果があるだろうとするデータはいくつかありますが、水素水というのを普通の人が飲んでもっと健康になる、あるいは病気を予防するといったことを示す(研究)データはまったくありません」という。

イワシの頭も信心か...普通の水飲むより何か期待できる

司会の小倉智昭は水素水を飲んでいた。「まあ、普通の水を飲むよりも、ひょっとしたら何かに効果があるかもわからないぐらいの期待感しか持ってないですよ。まだ(データが)ハッキリ出てないわけだからね」

「ただ、マイナスイオンもはじめはいろいろ言われて、遠赤外線も効果あるのかっていろいろ言われて、それがあとから根拠の裏付けが出てきたりするじゃないですか。だから(水素は)無害なワケだから、飲んでりゃ何かいいことあるかもわかんないと思って飲むのが一番いいかもわかんないね」

似顔絵 池田マコト