写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Clouderaは12月19日、データアナリスト/データベースアドミニストレータ/開発者向けのトレーニングコースおよび認定試験を刷新したと発表した。

新たに拡張が図られたトレーニングは、Apache Impala(incubating)、Apache Spark、Apache Kudu、Apache Kafka、Apache Hiveなどで、現在業界内で要望の高いソリューションとの間に存在するスキルギャップを直接補完できるようになっている。これらClouderaの強力なトレーニングカリキュラムによって、受講者は、実践的な状況に対応できる能力を身に着けることができる。

Clouderaの教育プログラム担当シニアディレクターであるMark Morrissey氏は「Cloudera Universityは、業界を問わず、データプロフェッショナルを育成するための価値あるリソースになっている。ここ数年来、トレーニングに対して先行投資してきた企業は、ビッグデータに対する取り組みから多くの成果を摘み取り、PoCの段階から早々に実業務環境への移行を果たしている。本業界では、今後もスキルアップが大きなハードルとなることに変わりはない。Clouderaでは、このような課題を克服できるよう、Hadoopエコシステムのための世界で最も総合的なトレーニングカリキュラムと認定制度を用意した」と述べている。

Cloudera Universityの新しいトレーニングと認定制度の内容は次の通り。

(Aries)