動画:コミケにフリマに無料レジアプリが使えそう、ビックカメラでAirレジ体験してきました

写真拡大

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。リクルートライフスタイルのiPad/iPhone向け無料レジアプリ「Airレジ」がビックカメラで体験できると聞きつけ、早速取材に行ってきました。このツール、コミケやフリーマーケット、ちょっとした物販などに活用できそうです。

飲食店や雑貨屋など主に個店での利用が多いAirレジ。iPadがあれば無料で利用可能で、レシートプリンターやクレジットカードリーダー、キャッシュドロア(お金を収納するところ)といった周辺機器は別途費用が必要ですが、レジアプリから売上げ分析なども無料で行えます。

商品登録しておくと何がどれだけ売れたかが自動的にわかるので、たとえば大勢でフリマに出展しても誰の持ち寄ったものが売れたかが後からわかります。また、イベントなどで価格一律で同じ商品を売る場合でも、商品名を売り子にすれば、誰がどれだけ売ったのか? なども集計できます。


ビックカメラでは全国14店舗にこのAirレジのコーナーを設置しており、とりあえずどういったものか説明を受けられます。ちなみに、Airレジは消費税の軽減税率制度の対象レジとなるため、iPad購入や周辺機器購入も補助金が出ます。ビックカメラではこの代理申請も行えます。