神話、9年ぶりに「2016 KBS歌謡大祝祭」に出演確定…「2016 MBC歌謡大祭典」出席も前向きに検討中

写真拡大

神話(SHINHWA) が9年ぶりに「2016 KBS歌謡大祝祭」への出演を確定し、年末授賞式に出演する。

20日、複数の放送界の関係者によると、神話は今月29日にソウル・汝矣島(ヨイド) KBSホールで俳優パク・ボゴムとAOA ソリョンの進行で行われる「2016 KBS歌謡大祝祭」への出席を確定した。今回の授賞式で神話は音楽界の大先輩として“最高のステージ”を披露する予定だ。

神話の地上波年末授賞式への出演は2007年以来、約9年ぶりのことだ。来年1月1日夜12時に13thフルアルバムの発売を控えている神話は現在「2016 MBC歌謡大祭典」への出席も前向きに検討中だ。

これに先立って神話は今月18日に京畿道(キョンギド) 高陽(コヤン) 市一山(イルサン) KINTEXで開かれた「2016 SHINHWA LIVE - UNCHANGING」でも「年末は授賞式を通じて皆さんにお会いできそうだ」と明かしつつも、具体的なことについては明かさなかった。

今年デビュー18周年を迎えた神話は1998年以来、メンバー同士の不仲や解散なしで最長寿トップアイドルとして君臨してきた。来年1月1日に発売する13thフルアルバムの活動を通じて神話の音楽世界とパフォーマンスの極みを見せるという覚悟だ。