JYJ ジュンス、ミュージカル「デスノート」のショーケースに出席“公演ではより完璧なステージを披露する”

写真拡大

JYJ ジュンスがミュージカル「デスノート」の魅力的なエルとして帰ってきた。

ジュンスは19日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」の「V MUSICAL」を通じて生中継されたミュージカル「デスノート」のショーケースに出席し、「ゲームの始まり」「変わらない真実」で完璧なステージを披露した。銀髪に近いヘアと強烈な眼差しは、ミュージカルの中のエルのキャラクターを物語る。

その後、ライト役のハン・ジサンと「奴の心の奥へ」を一緒に熱唱し、劇中で激しく対立する2人になりきり、本公演に対する期待を高めた。

3曲を終えたジュンスは「3曲を歌ってやっと挨拶できる。エルは想像を超える推理力を持つ世界No.1の名探偵だ。キャンディとマシュマロが好きな変わった一面もある。キラ事件を担当し、キラの正体を明かしたい人物だ」と自身の役を紹介した。

また「2015年の初演に続き、もう一度お会いできて嬉しい」と挨拶した。これに先駆けて、ショーケースの途中でBenのマイクの音が出ない突発的な音響事故に対して、「申し訳ない。大目に見てください」と謝罪し、「本公演ではより完璧なステージを披露する」と話した。