チャ・テヒョン&キム・ユジョン主演映画「愛してるから」1月の劇場街のヒーリング作品になるだろうか(総合)

写真拡大 (全4枚)

チャ・テヒョンとキム・ユジョンという2人の優しい俳優が「愛してるから」という優しい映画で復帰する。

19日午後、ソウル広津(クァンジン) 区紫陽洞(チャヤンドン) ロッテシネマ建大入口(コンデイック) 店で行われた映画「愛してるから」のマスコミ向け試写会には俳優チャ・テヒョン、キム・ユジョン、ソ・ヒョンジン、ペ・ソンウ、キム・ユネとチュ・ジホン監督が出席した。

チュ・ジホン監督は映画で故ユ・ジェハさんの曲「愛してるから」が大事な題材兼タイトルとして作用したことに対して「故ユ・ジェハさんが好きだったが、その方を映画に盛り込むことができたのが大きく作用した。故ユ・ジェハさんの歌詞を通じて、この映画を同じ感じで表現したくて作品を制作した」と話した。

これに先立って「猟奇的な彼女」「ハロー!?ゴースト」などの映画で優しいキャラクターを演じたチャ・テヒョンは「愛してるから」では交通事故に遭い、事情を持っている多数の人たちの体の中に入り、彼らの愛を結んであげるキューピッドのような役割を担当する。

チャ・テヒョンは劇中、女子高校生に変身して制服スカートを着るシーンについて「制服スカートの着心地が良かった。しかし男らしく行動してはいけないと思い、慎重に行動するためたくさん気を使った。またキム・ユジョンやキム・ユネが僕の足がおかしくないと話してくれた。本音であるのかは分からないが、勇気を得て撮影した」と話し、笑いを誘った。

キム・ユジョンは「ペ・ソンウ先輩が特殊扮装でお腹が出たのを表現した。シャツの間でお腹が少し見える時があったが、それが印象的だった」と明るく微笑んだ。

これにペ・ソンウは「おいしくたくさん食べた。食べるシーンが多くて何も食べずに撮影に入った。生クリームを食べる時、少しめまいを感じたことを除いては楽しい撮影だった」と話した。

またチャ・テヒョンは劇中の内容と同じく、周りの知人たちの内、1人の体に入ることができるなら、誰の体に入りたいのかという質問に「助けてあげたい知人よりは、僕が助けてもらった知人の方が多い。しかしどうせならチョ・インソンやチョン・ウソン兄さんの体に入り、思う存分コメディ演技をやってみたい」と変わった答えをして周りを爆笑させた。

チャ・テヒョンはこれに先立ってソン・ヘギョ、チョン・ジヒョンなど最高のスターたちと共演したことに続き、今回の作品ではキム・ユジョン、ソ・ヒョンジンと呼吸を合わせた。彼は「女優の運が良い。僕も感謝している。キム・ユジョンやソ・ヒョンジンがこの映画を撮影した時より、今スターになっていて、素晴らしい女優になった。そのような点がこの映画にプラスになるだろう」と感想を伝えた。

「愛してるから」は偶然の事故で人の体に入ることができる能力を持つことになった男(チャ・テヒョン) が、女子高校生から認知症のおばあさんまで、体を変わることから繰り広げられるコメディ映画だ。韓国で1月4日に公開される予定だ。