画像

写真拡大 (全5枚)

 Criteoは、インターネットを利用した旅行予約経験がある全国の20〜50代の男女600名に対して、「国内・海外旅行の実態および旅行予約に関する意識調査」を実施。その結果を発表した。

●約8割がオンラインで旅行予約

 「旅行予約をどのような方法で申し込むことが多いですか?」と聞いたところ、PCでの予約が55%、スマートフォンが23%、旅行会社の店頭窓口での予約が21%、その他が1%で、オンラインでの旅行予約が約8割にのぼる結果となった。
左:旅行予約の申込方法(n=600)、右:旅行予約におけるスマートフォンの利用割合(n=600)

●初めての旅行予約は店頭窓口を選ぶ傾向

 「初めての国内旅行予約時の予約経路」を聞いたところ、旅行会社の店頭窓口が44%、パソコンからの予約が39%、スマートフォンからの予約が11%の結果だった。また、「初めての海外旅行予約時の予約経路」では、旅行会社の店頭窓口が55%、パソコンからの予約が28%、スマートフォンからの予約が6%の結果となり、初めての旅行予約時には店頭での対面での会話により慎重に内容を精査する傾向があることが明らかになった。
左:初めての国内旅行予約時の予約経路(n=600)、右:初めての海外旅行予約時の予約経路(n=600)

●国内・海外どちらの場合も「出発3ヶ月前」に旅先を探し始める

 国内旅行・海外旅行の「情報収集開始時期」と「旅行予約時期」を聞いたところ、国内旅行の情報収集開始時期は「出発3ヶ月前」が38%、「出発1ヶ月前」が36%を占め、旅行予約時期は「出発1ヶ月前」が45%、「出発3ヶ月前」が32%の結果だった。

 一方で、海外旅行での情報収集開始時期は「出発3ヶ月前」が48%、「出発1ヶ月前」が25%を占め、旅行予約時期は「出発3ヶ月前」が39%、「出発6ヶ月前」が28%の結果だった。
国内旅行・海外旅行の検討開始時期と予約時期(n=600)

●検討開始から予約までに、「週3回以上」旅行サイトに訪問

 「旅行予約検討開始から予約までの旅行サイトへの訪問頻度」を聞いたところ、「週3〜5回程度」が34%、「週1〜2回程度」が33.2%、「週6〜7回程度(毎日1回程度)」が14.8%、「週14回以下(毎日2回程度)」が6.7%と続き、全体の約8割が旅行予約開始から実際の旅行予約までの間に「週3回以上」旅行サイトに訪問している実態が明らかとなった。

旅行予約検討開始から予約までの旅行サイトへの訪問頻度(n=600)

【調査概要】
調査期間:2016年9月8日(木)〜9月12日(月)
調査手法:インターネット調査
調査対象:全国の20〜59歳で、オンラインでの旅行予約および国内・国外旅行経験者である男女600名

MarkeZine編集部[著]