「ファーストキスだけ7回目」イ・チョヒ、EXO カイと初めてのキス(動画あり)

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
イ・チョヒが4人目の男であるEXO カイと初めてのキスをした。

19日に放送されたNAVER tvcastのロッテ免税店ウェブドラマ「ファーストキスだけ7回目」第5話では、母胎ソロ(生まれて1度も交際経験のない人) のミン・スジン(イ・チョヒ) が、イ・ジュンギ、パク・ヘジン、チ・チャンウクに続き、EXO カイと初めてのキスのチャンスが与えられた。

この日の放送でスジンの生徒であるカイは、「来年からは中国に行くのに、先生の顔をなかなか見れなくなるだろう。中国公演のために先生に中国語を習い始めた。その時は僕も高校生だった」と残念がった。

続いてカイはスジンに「先生。僕、もう先生と呼ばない。年も5歳しか変わらない。その程度なら、社会では友達じゃないか」と話し、スジンは「だめよ。君は学生で、私は先生だから」として、「夢なら目覚めないでほしい」と答え、カイのアプローチを断った。スジンは、女神チェ・ジウが作り出した状況で、イケメン男子たちとキスをすると現実に戻るからだ。

これに対し、カイはスジンに向かって「もう先生じゃない、スジンと呼ぶ」としてペアリングをプレゼントし、「この指輪を受け取ったら、先生と生徒としての関係で会わないつもりだ。まさか今まで僕が好きだったことを知らなかったわけじゃないだろう」と告白した。

するとスジンは「後で答えちゃだめなの?」と尋ね、カイは「後日はない。僕がどれくらい待ったか」と言い、スジンと唇を重ねた。