20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、旅行情報を紹介する小メディアが日本のファストフード店の動画を掲載し、ネットユーザーから称賛の声が上がっている。写真はマクドナルド。

写真拡大

2016年12月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、旅行情報を紹介する小メディアが日本のファストフード店の動画を掲載し、ネットユーザーから称賛の声が上がっている。

日本を訪れた中国人観光客の印象に残る出来事として、店員の接客の良さがよく挙げられる。デパートの接客などが代表的だが、中国にも日本にもある店の場合は、その違いがより顕著に感じられるかもしれない。

「サービス至上、日本のマクドナルドでハンバーガーを買ったら、店員の態度がマジで良かった!」と題されたこの動画は、日本のマクドナルドの店舗内で撮影されたもので、店員が笑顔で接客し、声はハキハキと、動作はキビキビとしている様子が1分弱の間収められている。

中国にもマクドナルドはあるが、日本と比べると店員が笑顔になることはあまりなく、動作もどこか緩慢な印象を受ける。ちなみに、中国ではマクドナルドよりもケンタッキー・フライドチキンの方が店舗数が多い。

この動画に、中国のネットユーザーたちは、「日本人の素養は高い!」「サービス至上の国。たとえマニュアルでも(客は)気分は良いよ」「比較してみて気付いた。中国の店では“ゾンビ”が接客してたんだとね」「香港よりも良いんだから、中国本土となんて比べちゃいけない」「中国のマクドナルドやケンタッキーも、他の店と比べると悪くはない」「中国の場合、客は自分が神様だと思っていて、どんな要求をしてもいい(と思っている)。店員を見下した挙句に金は払いたがらないんだから、店員の態度が良くなるはずはない」といったコメントを寄せている。(翻訳・編集/北田)