まるで本物

写真拡大

クリスマス用プレゼントとして、インターネットで買える手作りスマホカバーが人気になっている。「信じられません」と言いながら司会の小倉智昭が手にしたのは、今が旬の白子ポン酢をかたどったもので、添えられたネギや卵もそっくりだ。

街頭で若い男女にスマホケースのこだわりを聞いてみると、声をそろえて「人とかぶりたくない」「ファッションの一部」という。スタジオには天ざるそば、モンブラン、かつカレー、うな丼なども登場した。

「他人とかぶりたくない」とネット注文

小倉は9800円の餃子型のカバーを耳にあてて、「なんかねえ」と戸惑っている。キャスターの菊川怜はイクラ丼3800円、梅津弥英子キャスターはネギ型3800円をかざして「これならバッグの中でなくならないわ」「スーパーではなんだか変」とはしゃいでいる。

ニュースデスクの笠井信輔「それにしてもリアルですね」