画像

写真拡大

 Legolissは、FiveHangoutsとVR領域におけるマーケティング活動支援を目的とした会社「カレイドグラファー」を設立。さらに同社は、VR対応のゲームやミドルウェア開発事業を運営するダズルと業務提携を行った。

 データ活用支援を行うLegolissは、ビジネスエグゼキューション事業を展開するFiveHangoutsは共同で、VR関連事業を行う新会社「カレイドグラファー」を設立した。

 同社では、両社のノウハウを活かし、「体験を発見し科学する」を事業コンセプトに、企業のマーケティング活動において、ユーザーの体験データの活用を行える環境を構築し支援していく。

 具体的には、VR技術を活用する企業に、VR上でのユーザー体験データを駆使した、消費者と企業の新しいエンゲージメントの創造をサポート。また、企業のマーケティング活動導線に新しいユーザー体験を演出する店舗開発などのプロデュースを行うことも予定している。

 さらに、同社はVR対応のゲームやミドルウェア開発事業を運営するダズルと業務提携を締結。Legolissが持つデータ活用ノウハウと、ダズルの保有するVR開発技術やVRプロダクト向け分析・運用サポートサービス「AccessiVR(アクセシブル)」を連携させる狙いだ。

MarkeZine編集部[著]