写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GMOインターネットは、GMOグローバルサインおよびセゾン情報システムズと共同で、ブロックチェーンとIoT技術を活用した「本人のみが受け取れる宅配ボックス」の実証実験を行ったと発表した。

今回実証実験は、ウフルが発足した、 IoTビジネスを推進するビジネスコミュニティ『IoTパートナーコミュニティ』の1つ「ブロックチェーンワーキンググループ」の活動の一環として、参画企業である3社が共同で行った実証実験の第一弾。

実験では、 GMOインターネットが提供するPaaS型のブロックチェーンプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」を基盤にシステムを構築し、 IoTデバイスである宅配ボックスには、セゾン情報システムズの「HULFT IoT」を導入。このシステムでは、配送業者が宅配ボックスに荷物を納入することで、ブロックチェーン上に納入記録および施錠要求が行われ、荷物を受け取る利用者は、個人に紐づくスマートフォンを通じてブロックチェーン上に解錠を要求することで、宅配ボックスが解錠し、荷物の受領が記録されるもの。

またこれを進化させれば、解錠と共に代金を決済することも可能になり、不在時でも代金引換荷物の再配達の必要がなくなるという。

今回のシステムでは、ブロックチェーン上に情報を記録することで、特定の配送業者に縛られることなく「誰がいつボックスを開閉し、何を受領したのか」といった事実を半永久的に証明・保証することが可能になるという。

また、宅配ボックスの開閉履歴や施錠・解錠要求などの情報は改ざんできない状態で記録されるため、一度施錠された宅配ボックスは、施錠時に指定した本人しか開けることができない仕組みが実現するという。

(丸山篤)