悪質タックルのバークリーにキャラガー氏「本当に衝撃的なタックル」

写真拡大

▽かつてリバプールでプレーした元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、エバートンのイングランド代表MFロス・バークリーが見舞った悪質なタックルについて言及した。

▽リバプールは19日、プレミアリーグ第16節でエバートンの本拠地グディソン・パークでマージーサイド・ダービーを戦った。0-0で迎えた67分に、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンに対してバークリーが足裏を見せたレイトタックルを見舞う。

▽このプレーで両軍入り乱れる事態となる中、バークリーに対してはイエローカードが提示された。試合はその後、後半アディショナルタイムにセネガル代表FWサディオ・マネのゴールでリバプールが勝利した。

▽このプレーについて、イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるキャラガー氏は、バークリーにはレッドカードが提示されるべきだったとコメント。一方で悪質なタックルを受けながらもバークリーを親友だと言ったヘンダーソンはプロの鏡だと語っている。

「バークリーは退場させられなければいけなかった。一方で、ヘンダーソンは試合後のインタビューで素晴らしい対応を見せたね。プロの対応だと思うし、誰もが見習ってほしいものだ。それにしても本当に衝撃的なタックルであり、レッドカードに値したと思う」