鎌倉散策にぴったりの超ほっこり和カフェが登場!ます入り「宇治抹茶ティラミス」などが古都気分を盛り上げるよ

写真拡大


お寺や神社も多いけれど、素敵なカフェやレストランも数多く点在する鎌倉。12月20日、あらたに一軒の和カフェが小町通りにオープンしました。

それが「もみじ茶屋 鎌倉小町通り」。ます入りの「宇治抹茶ティラミス」などフォトジェニックなメニューもあって、鎌倉に行ったら訪れてみたい新店♪

【ほっこり系の和モダンな店内】

和モダンスタイル、おしゃれながらも和の雰囲気を味わえる店内。まず目を引くのはガラス張りの坪庭、店のシンボルであるもみじが植えられています。

全体的には、素朴な木とやさしい明かりの内装になっていて、和の癒やし感が全面に。散策のあと、ほっとひと息つけそうですね。

【こだわりたっぷりのスイーツ】


甘味や料理も、疲れた心と体を癒やしてくれそう。注目したいのは京都の「MACCHA HOUSE 抹茶館」の「宇治抹茶ティラミス」。行列もできるほどの京都の人気店の味を楽しめるとあれば注文せずにはいられない! ますに入っているというビジュアルも含め、写真に収めたくなる1品です。

また、和カフェの定番ともいえる「白玉ぜんざい」も、この店では2種類のあんこを使い、白玉もきちんと手作りしているなど、「しっかりと作っている」印象。

さらに、作り置きなしというテイクアウト限定「焼き立てのどら焼き」も、散策を続けるならゲットしてみたい1品です。ごはんメニューも野菜の名産地である地元鎌倉の食材を活用するなど、かなり気合を入れている模様。

【鎌倉散策の合間に】

散策で疲れたときなどにピッタリな「もみじ茶屋」。若い人から年配の人まで幅広い年代で使えそうなのも魅力です。次に鎌倉に行くときのために覚えておきたい1軒ですね!

参照元:アットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る