キーラ・ナイトレイが「パイレーツ」復帰へ

写真拡大

キーラ・ナイトレイが、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」に出演すると報じられている。

キーラは先月、イギリスのシェパートン・スタジオで行われた本作の“極秘シーン”の撮影に参加したとみられており、オーランド・ブルーム演じるウィリアム・ターナー・ジュニアの妻エリザベス・ターナー役として再び戻ってくると噂されているところだ。2003年に第1弾が公開された際にはウィリアムとまだ結婚していなかったため、役名はエリザベス・スワンだった。

夫ジェイムズ・ライトンとの間に1歳の娘エディちゃんを持つキーラは、同作に再び出演することにワクワクしていたようで、ある関係者はミラー・オンラインに「11月に1日かけてその極秘シーンが撮影されましたが、撮影現場は完全に封鎖されていました」「キーラを有名にしたその役どころを演じること、そしてウィッグや衣装を再び身につけることに、彼女はとてもワクワクしていましたよ」と語る。

ディズニー製作の人気映画第5弾へのキーラの出演はほんのわずかであるようだが、第6弾では大きな役どころで戻ってくるようだ。

前述の関係者は「新作では彼女は作品後半に少し登場する程度のようですが、そこで第6弾で大きな役どころを演じることを示唆するようです」と続ける。

出演の噂が飛び交っているキーラだが、以前には「5年間に渡って同作品への出演をたっぷり楽しんだ」ため、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズも再び出演することはないと語っていただけに、今回のニュースはファンを驚かせる事態になっているようだ。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は来年5月に公開を予定している。