写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アドビ システムズは、同社の公式ブログ「Adobe Marketing Cloud Japan Blog」において、テレビメディア向けのAdobe Primetimeの新プラットフォーム「TV Media Management(以下、Adobe TVMM)」を公開したことを発表した。

「Adobe TVMM」は、マルチスクリーンテレビ環境において、広告主が求めるニーズに応えるテレビメディア向けのAdobe Primetimeの新プラットフォーム。従来、広告在庫は番組の特徴のみに基づいて販売されていたが、「Adobe TVMM」を利用することでテレビメディアは視聴者の嗜好と特性に基づく視聴者ベースのターゲティングと訴求力を向上させることができるのに加え、季節性などの変数を追加した分析とデータ管理を通じて、正確な予測とプランニングが可能になるという。例えば、番組の視聴者が急増すると、それが広告費と広告主が期待できるインプレッション数に組み込まれるということだ。

これによりメディア企業は、視聴者の増減や番組編成など、季節ごとの変動シグナルを収集することで、具体的な視聴者基準に照らし合わせて正確に広告在庫を見積もり、広告主や広告代理店の期待に応えることが可能となる。一方、広告主はターゲットを絞った広告配信が可能となることで無関係な視聴者のために広告費を使うことを回避でき、ROIが上昇するとしている。なお、データ収集システムやストレージシステムといった既存の広告技術インフラの修正は不要とのことだ。

Adobe Primetime担当バイスプレジデントのジェレミー ヘルファンド氏は次のように述べている。「視聴者がお気に入りのTV番組を見る手法は変化しており、広告主やテレビメディア企業は、コンテンツの価値を最大化させるために、広告を計測し、プランニングを行い、予測できる方法を見出すべきであると考えています。メディア企業は、Adobe TVMMプラットフォームによって、Adobe Marketing Cloudの豊富なデータを活用し、素晴らしい視聴体験を提供しながら、細分化された視聴者セグメントに対して広告を展開することができます。」

(早川厚志)