「クリスマスイブを共に過ごす人を見つけたい!」と、ちまたでは恋人探しが盛んになるこの時期、破局を迎えるカップルも多く見られる。どんな男性がフラれやすいのだろうか。

写真拡大

クリスマス直前のこの時期に、恋人からフラれる男性には共通点があった。仕事がデキる男性に見られがちな3つの特徴、あなたは大丈夫?

■カップル破局続出!“クリスマスの悲劇”とは

11月末からクリスマス直前にかけてのこの時期は、1年を通じてもっともカップルが破局を迎えやすい時期である。「えー、“クリぼっち”(クリスマス時期に恋人がいない状態)なんて寂し過ぎる!」と思われた方もいるかもしれない。実は、この時期ならではのイベントの多さが、逆に災いしているのだ。

街は美しいイルミネーションの海。クリスマスに向けて街々が輝けば輝くほど女心に一つの問いがわき起こる。「私、本当にあの人とクリスマスを過ごしたいのかな」この疑念が破局を招くのだ。まさに“クリスマスの悲劇”である。

こうしてフラれてしまう男性には共通点がある。しかも、その共通点は一見モテそうな“仕事ができる男性“に見られるものなのだ。タイプ別に考えてみたい。

■仕事は一流、恋愛は三流!“クリスマスの悲劇男”の特徴

▼タイプ1:サポート、アシスタントがついている人(特に営業)

「これやっといて!」大企業勤務、営業部ホープのトオルさんは、事務スタッフのモモコさんにドサッと書類を投げ渡した。「わかりました」と彼女は言った後、パソコンの前でため息をついた。

――ああ、今日は機嫌が悪いなぁ。疲れてるのかな? 温かいコーヒーでも入れてあげよう。

トオルさんは差し出されたコーヒーを顔も見ずに無言で受け取り、砂糖とミルクを加え、雑にかきまぜる。

――やれやれ。いくら仕事ができてもこんな男とは付き合いたくないわぁ。

モモコさんは、砂糖とミルクの殻を片付けながら心のなかでつぶやいた。

そう、普段アシスタントやサポートが身の回りの雑務を請け負ってくれて、自分の仕事に集中できる状況にある男性は“クリスマスの悲劇男”となる危険性が高い。

仕事を認められているが故に、余計な雑用をする必要もなく、気を配らなくても周りが動いてくれる。すると、「取引先、上司以外の周りの人に気を配る」という心の筋肉が衰えていく。

12月19日、トオルさんは恋人のミキさんから「あなたみたいに忙しければなんでも許されると思っている人とは付き合えません」と別れを告げられた。

「忙しい」を言い訳に、すべてをミキさん任せにしていたトオルさん。デートの予定も決まらない。会えたとしても、食事は予約なしで適当に入れるような居酒屋ばかり。当然、クリスマスに何かあるような兆しもない。クリスマスというイベントを二人で楽しもうとする姿勢のなさに、ミキさんはないがしろにされていると感じたのだ。

トオルさんには、彼女をサポート(エスコート)する心配りが全くなかった。サポートされることが当たり前の職場環境にあり、サポートしても邪険に扱われる彼女の気持ちを察することができなかったところに敗因がある。

▼タイプ2:突発的に勤務先からお呼びがかかる男性(医者などの専門職、職人など)

「先生、急患です!」形成外科医・マサルさんのスマホに連絡が入った。

――ああ、今日もまたデートはお預けだな。

マサルさんは恋人のユミさんにLINEでメッセージ送った。12月17日土曜日午後1時。デートの待ち合わせ2時間前だ。「ごめん、急に病院に行かなくちゃいけなくなった。今日のデートは無理」

ユミさんからメッセージがすぐに帰ってきた。「今月だけでドタキャン2回めだよ。今度いつ会えるの?」

――わからない。12月は急患が多い。今月残りの土日は全部出勤だ。

マサルさんは、返事をせずに勤務先の病院に向かった。一仕事終えたら、時計は深夜を回っていた。クタクタになって家にたどり着き、やっとLINEに目を落とすと「もう終わりにしましょう」と別れのメッセージが入っていた。「なんだよ! 俺だって好きでドタキャンしてるわけじゃねーんだよ!」スマホをベッドに投げつけても、時すでに遅し。

マサルさんの何がいけなかったのか。「今度いつ会えるの?」に即答できなかったところだ。今月はもう土日に休みがないため、ちゃんとしたデートは難しい。マサルさんはドタキャンの後ろめたさと彼女に気を遣うあまり、平日デートを提案できなかった。これが敗因だ。

この場合は、「代わりに週明け月曜日か火曜日に夜ご飯だけでも一緒に食べられない? その後、病院に戻らなきゃいけなくて申し訳ないんだけど、おいしいところに連れて行ってあげるから」とすぐに返事をしなければいけなかったのだ。埋め合わせは”速攻”がポイントなのだ。

もちろん、ドタキャンの埋め合わせなので、その辺の居酒屋やファミレスではダメだ。目安は、「SNSで美しいお食事や夜景の写真をアップできる場所かどうか」である。クリスマスのリア充ぶりを、女性たちはこぞってアピールしたがる。彼女がSNSでアピールしない人だとしても、アピールもできないような場所に雑に連れて行けば嫌われるだけだ。高くつくかもしれないが、彼女の心を永遠に取り戻せないよりマシである。

デートより仕事を優先しなければならない立場であることを、恋人にわかってほしいという気持ちは当然だ。しかし、どうしても失いたくない相手ならば、自分から歩み寄りの姿勢を見せることも必要だ。

▼タイプ3:経営者(特にベンチャー、中小企業)

経営者はいろいろとヤバイ。日頃、自分の振る舞いを注意してくれる人が身近にはなかなかいない状態で、当たり前のようにサポートをしてもらえる。自分のリソースを割くに値しない仕事は社員に任せるか、金で解決すればよい。人と金を動かし、合理的かつマイペースに生きられるのが経営者の特権だ。

しかしこうした特権が、破局を招くことも多い。特に、食事デートの場で致命的な出来事を引き起しがちだ。

どういうことかというと、何でも経営者視点で見てしまうため、店員のアラに敏感になる。普段、社員を指導する立場にあるため、人の至らぬ点に目をつぶるということが苦手なのだ。ちょっとしたことにも「きみ、接客がなってないよ」とクレームをつけ、高圧的な態度に出てしまう人が多い。

――この人、お店の人に対してこんな態度をとるんだ。自分の会社でも部下でもないのに。いつか私にもそんな態度で接してくるようになるのかも……。

男性が店員に対して横柄な態度をとることを、女性は男性が思っている以上に嫌う。この人とクリスマスを、そしてその後の人生を共に過ごしたくないと、一気に恋が醒めてしまう。デートをしている間は、社長という毛皮を脱いで、一人の男として彼女をエスコートしなければならないのである。

今日は12月20日。クリスマスイブまであと4日。あなたの彼女は大丈夫そうですか? よいクリスマスを!

----------

大西明美(おおにし・あけみ)
婚活アドバイザー。2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。20年で4万3000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施。5年間で200組以上のカップルを成婚へと導いている。現在は、1日20件以上の婚活メール相談や年間100人以上の直接面談による婚活アドバイスをこなしつつ、恋愛や婚活、不倫に関するさまざまな情報を積極的に発信し続けている。著書に『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版)、『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』(プレジデント社)がある。

----------

(文=婚活アドバイザー 大西明美)