『土竜の唄 香港狂騒曲』のイベントに登場した本田翼

写真拡大

「こえぇぇぇ!!」。思わぬゲストを目の前にした生田斗真の悲鳴が会場にこだまし、観客は笑いに包まれた。

【写真を見る】“美女と野獣”イベントに登場した規格外のゲストとは!?

これは12月19日にディファ有明で開催された『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日公開)のイベントでの一幕。主演の生田に加え、本田翼、菜々緒、仲里依紗といった作品を彩る美女たち、そして監督の三池崇史が登場した。

「“美女と野獣”イベント」と銘打たれたこの日のイベント。劇中で様々な美女を相手にしている生田は「車の中で本田さんとムフフなシーンも…(笑)。ある意味アクションシーンだよね?」とコメント。これに対し本田は「汗かきましたからね〜」と返し、この過激なやり取りに会場は大爆笑。

撮影中に起きた裏話についてMCから質問が飛び出すと三池監督は「仲里依紗が車のフロントガラスを蹴り割ったんですよ。マジ割りです!」と衝撃のエピソードを暴露。当の本人は「あれ?カットかからないなーと思ってずっと蹴り続けてたんですよ。スタントの方に『絶対割れないから大丈夫!』って言われてたんですけど、割れました(笑)」と淡々と語り、ケロッとしていた。

また、セクシーな劇中衣装が話題となっている菜々緒は「ほぼスケスケなんです。お尻がアップで映るんですけど、着てないに近い状態で…。ぜひとも私のお尻をご覧くださいませ」とコメントし、会場を沸かせていた。

そんな菜々緒以上に会場を沸かせたのが、スペシャルゲストのベンガルトラ!体長2メートルの思わぬゲストの登場にも、三池監督は「獣の臭いがすごいですね。古田新太が来たのかと思いましたよ」と本作に出演している古田にかけた余裕のボケを披露。女性陣が「かわいいー!」とトラに興味津々のなか、生田だけは一歩後ろに下がり「こえぇぇぇ!!」とビビりまくっていた。

映画さながらの規格外なイベントは、最後に生田が「すっごい面白い映画になっています。この映画を見ないと2016年は締められません!」と意気込みを語り、大盛況で終了した。【取材・文/トライワークス】