画像

写真拡大 (全2枚)

 マイクロアドのマーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」と、トレジャーデータのプライベートDMPソリューション「TREASURE DMP」がデータ連携を開始した。

 マイクロアドは、同社のマーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」と、トレジャーデータのプライベートDMPソリューション「TREASURE DMP」がデータ連携を開始したことを発表した。また、マイクロアドはトレジャーデータとTREASURE DMPのセールスエージェント契約を締結。TREASURE DMPと、UNIVERSEを連携させた総合的ソリューションの提供も行っていく。

 UNIVERSEでは、企業の保有する顧客CRMデータ、マイクロアドが保有する4億ユニークブラウザのPCおよびスマートフォンの行動データを、単一のIDによって統合的に結び付け分析・活用するサービスを提供しいる。今回、「TREASURE DMP」とのデータ連携によって、企業が「TREASURE DMP」内に独自に蓄積した顧客データなどをシームレスにUNIVERSEへ連携する事が可能になる。

MarkeZine編集部[著]