ベトナムBTVカップを制した湘南ベルマーレイレブン(写真:(c)SHONAN BELLMARE)

写真拡大

 いま、アジアサッカーが熱い。東南アジアや中国、インドなどの新興国でサッカーが爆発的な人気を博してきており、その経済規模も日本サッカーを凌駕するものが出てきている。サッカーのレベルも徐々に日本や韓国などの強豪国に近づいてきており、色んな意味で無視できない存在となってきている。

 ASEAN諸国のなかでもベトナムは経済成長著しく、9000万人を超える人口を持ち、南北に1560キロに渡る広範な国土を持つ。

 サッカーにおいてもASEAN内ではフィリピンやタイと並び上位につけている。先日まで代表チームの監督を日本人が務めていたり、現在もベトナム人有名選手がJリーグクラブに移籍していたりと日本との交流も加速してきている。Jリーグはアジア戦略の一環としてVリーグ(ベトナムリーグ)と提携協定を結んでおり、ガンバ大阪や川崎フロンターレ、水戸ホーリーホック、横浜FCなど複数のJクラブがベトナムとの活動にも力を入れている。

 2016年12月2日、ベトナム・ビンズオン省においてBTV-NumberOneカップが開幕した。

 この大会はベトナムのビンズオンテレビ(BTV)が毎年開催しているプレシーズンマッチで、ベトナムの飲料水メーカーNumberOneがスポンサーになっている。ベトナム国内の一部リーグチーム、そして海外からの招待チームを交えて、8チームにより予選リーグ、決勝トーナメントを戦うものだ。ここ数年日本のチームも招待されていて、2012年はアビスパ福岡、2015年は大学選抜チームが出場しているが、今年は湘南ベルマーレが招待された。

 今年で17回目となるBTVカップは、「地元ベカメックビンズオンのために始まった」といった言われ方もある。

 だが年明けに始まる新シーズン(2017年ベトナム国内リーグ、Vリーグは何と1月8日に開幕という早さ!)に向けて新加入選手のフィット具合の確認、契約当落線上の選手の生き残り、また招待チームから新たな外国人選手を物色、といった色々な意味合いもあり、ベトナム国内リーグチームも重視する毎年恒例のプレシーズンマッチである。

◆大雨、カストロ議長死去などで試合前から大荒れ

 大会は中一日で連戦が続く大変厳しいスケジュール、雨が降る日も多かったためグラウンドもかなりの荒れ具合で、これぞ「アジアの洗礼」といった環境。

「グラウンド、ボコボコっすよ!」という選手の声も多く聞こえたが、比較的若手、或いは大学生の練習生から多くが構成された今回の湘南ベルマーレにとっては、厳しいながらも良いアジアの経験になっただろう。

 さらに大会開始直前に「キューバのカストロ議長が亡くなったため、12月4日に国民が喪に服すので、大会はスケジュールは一日延期」という決定が突然なされた。共に社会主義国で、ベトナム戦争中にも多くの支援を行ったキューバ、そしてその象徴であったカストロ議長はベトナムで大変尊敬されているためだ。とはいえ、まさかキューバの革命戦士の死が、遠くベトナムで、更に湘南ベルマーレの予定に影響するとは誰が想像しただろう……。遠征スケジュール、更にはグラウンドでの練習スケジュールなどは、ただでさえ緩い大会運営により混乱している中で、日程変更により更に混乱をの度合いを増すなど、「ザ・ベトナム」的なハプニングもしばしば……。

 そんな中、湘南は予選リーグ最初の2試合、対ハイフォンFC(2016ベトナムリーグ2位、対バウグーAC(ブラジルより参加)と引き分け。

 予選突破が厳しくなったものの、3戦目のSHBダナン戦に2-1で勝ち予選グループを2位通過。最初は慣れない環境と、普段と異なるメンバーとで苦労も見えたが、徐々にコンビネーションが良くなり、調子を上げてきた。準決勝ではカンボジアリーグの2016チャンピオンチームでもあるボンケットアンコールFCに3-0と快勝。決勝戦では再度SHBダナンと相見えることとなった。