クラブW杯決勝の主審が疑惑の判定を説明、副審との意思疎通が問題

ざっくり言うと

  • クラブW杯決勝の主審が、後半終了間際の「疑惑の判定」を振り返っている
  • 明らかなファウルをしたセルヒオ・ラモスを退場処分としなかった場面
  • 副審との意思疎通が不十分であったために起こったこと、と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング