宇多田ヒカルが番組初登場!

写真拡大

 シンガーソングライター・小田和正によるクリスマス恒例のコラボレーションライブ番組「クリスマスの約束2016」が、12月23日にTBS系で放送される。今年で16回目を迎える本番組の収録が16日、東京・赤坂BRITZで行われ、大橋卓弥と常田真太郎によるユニット「スキマスイッチ」、女優の松たか子ら番組常連のアーティストが顔をそろえたほか、宇多田ヒカルが番組初出演を果たした。

 同番組としては初めての会場となった赤坂BRITZには、4万人を超える観覧希望者のなかから選ばれた観客500人が駆けつけた。温かい拍手で迎えられた小田は、グランドピアノを演奏しながら「SMAP」の名曲「夜空ノムコウ」を披露。また、ロックバンド「TRICERATOPS」のボーカル・和田唱を招き、ポール・マッカートニーの楽曲をメドレーで熱唱した。

 01年の番組スタート時に小田からオファーを受けていたが、出演が叶わなかった宇多田は念願のステージへ。観客に宇多田の登場は知らされていなかったため、場内からは驚きの声が漏れた。小田の艶やかなアコースティックギターの音色に乗せて、「Automatic」など3曲を高らかに歌い上げた。

 続いて、09年の放送で「スキマスイッチ」、「STARDUST REVUE」の根本要、「いきものががり」の水野良樹で結成された「小委員会バンド」が登場。「収録前日まで曲順やアレンジを変更していた」というメンバーが、大滝詠一の楽曲「君は天然色」などを息の合ったコーラスで歌い、松たか子&JUJUが「40年以上前から気になっていた」と小田が告白した曲で歌声を響かせた。

 ライブのトリを飾ったのは、小田が「真っ先に選曲した」というボブ・ディランの「The Times They Are a-Changin’」。歌手として初めてノーベル文学賞を受賞したディランの名曲を出演者全員で合唱。収録後、番組プロデューサーの服部英司氏は「小田さんをはじめとするアーティストの声が織りなすハーモニーに、胸が震えました」と感想を述べている。

 「クリスマスの約束2016」は、TBS系で12月23日深夜0時35分から2時35分まで放送。