「MediaPad Mシリーズ」からharman/kardonチューニング第二弾

写真拡大

スマートフォンおよびタブレットなどを手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、タブレット「HUAWEI MediaPad M3(メディアパッド・エムスリー)」を2016年12月16日に発売した。

「MediaPad Mシリーズ」からharman/kardonチューニング第2弾

8.4型2K(2560×1600ドット)液晶ディスプレイ搭載。精巧に削り出されたメタルフレーム、人間工学を取り入れた滑らかなラウンドデザインを採用する。

前モデルから引き続き米「harman/kardon(ハーマンカードン)」がサウンドチューニングを担当。2×1ワットの高出力デュアルスピーカーやパワーアンプ、高音質「DAC(デジタル・アナログ変換)チップ」などを搭載し、独自のサラウンド技術「SWS 3.0」と合わせ、ダイナミックなサウンド再生を実現したという。

ニュースや音楽、スポーツ、ドラマなど約30チャンネルを楽しめるインターネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」をプリインストール。

そのほか主な仕様は、OSが「Android 6.0」、800万画素メイン/サブカメラ、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。容量5100mAhバッテリーを内蔵。

ラインアップと市場想定価格は、カラーがシルバーの「スタンダードモデル」Wi-Fi仕様が3万1980円、同LTE仕様が3万7800円。「AKG」製イヤホンが付属するLTE仕様、カラーがゴールドの「プレミアムモデル」が4万2800円(全て税別)。