12月21日(水)放送の「聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜」に出演の澤部佑、小島瑠璃子、井森美幸、博多大吉(左から)

写真拡大

12月21日(水)、世の中に存在する甘い話やおいしい話を信じて、落とし穴にハマってしまった人たちがその業界の驚きの実態を激白する「聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜」(夜0:45-1:45フジテレビ)が放送される。

【写真を見る】現役アイドルが「アイドル業界」のプロデューサーがつく“あるある過ぎるウソの数々”や地獄の給与、信じられない極貧生活を暴露

アイドルは、一見女性の憧れる職業だが、プロデューサーがつく“あるある過ぎるウソの数々”や“地獄の給与”、信じられない“極貧生活”。さらには女の泥沼の戦いやイジメ、売れるための○○営業など、その実態を現役アイドルが暴露し、スタジオの井森美幸、博多大吉、澤部佑、小島瑠璃子は驚きを隠せない。

小島は「アイドルの闇というか芸能界の闇にまで踏み込んでいたので驚がくしました」と語り、澤部も「自分はアイドルが好きなので、現役アイドルの赤裸々告白にはビックリしました。今後、彼女たちを見る目が変わってしまいそうです」と衝撃を受ける。

また、大吉は「アイドル業界に憧れている人には参考になると言いますか、十分教訓になると思います」、井森は「バラエティーとドキュメンタリーのハーフ&ハーフみたいな番組でしたよね。昔と今ではアイドルの方向性が随分変わってきていますよね。本当に厳しい世界ですよね。私は早めにアイドルやめておいて良かったです(笑)」と、それぞれコメントした。

番組では他にも、「ラーメン店開業」での“まさかの落とし穴”を紹介。繁華街でも閑古鳥の日々、体は病気だらけ、「全然儲からない!」といった意外なお金事情と恐怖の借金生活…など、再現VTRを交えて「ラーメン店開業」にまつわる悲惨なエピソードを紹介する。

ブームに潜む落とし穴とは何なのか? さまざまな業界の失敗談から、落とし穴にハマらない生き方を学ぼう。