たしかに長い!!(画像は福田雄一監督Twitterのスクリーンショット)

写真拡大

 実写版『銀魂』(来年7月公開)でメガホンを取る福田雄一監督が18日、「指が6本ある?」と話題になった小栗旬ふんする主人公・坂田銀時のキャラクタービジュアルについてTwitterで言及した。

 先日、銀時らのビジュアルが公開されると、その完成度の高さが注目を浴びる一方、ファンたちの視線は銀時のある部分に集中。それは銀時の指で、ネット上では「実写化の銀さん 指6本あるよーにしかみえないんだけど…」「銀さん指6本あるw どーしてこーなった?笑」「完成度たけーな、おい とか思ってたけど銀さんこれ指6本ない? 見間違い?」などとツッコミが続出していた。

 たしかに小指が異様に長く、その横にもう1本指があるようにも見えるが、福田監督は「銀魂のポスターの銀さんの指が多いんじゃねえかって言われてるみたいですが」と切り出すと、「小栗くんの小指がやけに長いだけですね」と疑惑を否定し、「撮影中撮った写真で判明」と小栗の手とみられる写真を投稿。ファンからは「もう『小指』じゃない!!」「笑いましたwww」「なるほど、6本目にみえたのはお肉か!」と驚きの声が寄せられている。(編集部・中山雄一朗)