インスタでも大人気の内田理央 男女問わず愛されるだーりおの魅力に迫る

写真拡大 (全8枚)

ローリエプレス編集部が"憧れのあの人"に直撃インタビューする大好評企画♡
今回は、現在放送中の人気のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にも出演するなど多方面で大活躍している「だーりお」こと、内田理央さんにインタビューをしてきました♡

肌は美白で目もぱっちり、いつでもキラキラとしていて、周りにいる人達を笑顔にするような魅力をもっている内田理央さん。今回は、お仕事のことはもちろん、プライベートのあんなことやこんなことについても、色々とお聞きしちゃいました!



男女性問わず幅広い層から大人気 内田理央さんの魅力


現在、グラビア・モデル・ドラマ・バラエティとさまざまな場で活躍している内田理央さん。
そんな内田さんは、先月28日に女性向けの『だーりおのいっしゅうかん。』男性向けの『だーりおといっしゅうかん。』の写真集2冊を同時に発売。それぞれ男女違った目線で楽しめる写真集になっており、2冊とも即日重版が決定したそうです。
1冊重版がかかるだけでもすごいのに、2冊とも即日で重版がかかる人気ぶり……。
このことからも男性・女性どちらからも支持されていることがわかりますよね。内田理央さんが多くの方から愛される秘密とはいったい……!? というわけで、ご本人に直撃してみました♡



内田理央が考える”モテテク”とは?


まず、内田さんの理想の男性像についてお聞きしました。内田さんは「心が広い男性」に惹かれるのだそう。

――「心が広い人がいいなといつも思います。最近思ったのは本当に小さいことなんですけど。たとえばLINEスタンプやコーヒーなどをごちそうしてもらった時に、めっちゃキュンとすることに気づきました。自分でも安い女だなと(笑)。だけど、そういう小さな気遣いが嬉しいなと感じるんです」

では、そういった男性に振り向いてもらえるような、内田さんなりの”モテテク”は何かあるのでしょうか?

――「冬だったら、マフラーでアゴまで隠したり、ニットが”モテ袖”まであるとか……。本当にそういうのは無難でちょっとしたことだけど、男の子は好きだなって。私もそういうのが好きです」

…思わず「わかる!」とうなずいてしまった方も多いのでは?
こてこてのモテテクを駆使するのは苦手という女子も、このくらいのレベルならマネしやすいかもしれませんね。



センスの良さが見えるインスタ撮影術も人気の秘密


ところで、内田さんといえば「自撮りが可愛すぎる!」と話題になることもしばしば。そこで、どうすれば自撮りをうまく撮れるのか、コツをお聞きしました!

――「斜め45度で撮るような自撮りだと、『どうせ本当は違う顔なんだろうな』と思われそうなので(笑)、誰かに撮られたかのように正面から撮るのが、自然で良いと思います」

たしかに自然なテクニックを駆使した方があざとさがなく、男女ウケもしそう。

(@rio_uchida)が投稿した写真 - 2016 12月 4 4:33午前 PST



また、内田さんのインスタを見ていると、スタンプなどの加工をよくしているイメージがあります。なにか写真を加工する時のコツはあるのでしょうか?

――「インスタだといっぱい写真が並ぶから、そのバランスが大きいですね。最近、絵文字の写真が多いと思ったら、次はシンプルの写真にするとか。単体の写真というよりは、他の写真とのバランスを見てというのが多いです」

こういったこまかなセンスの良さは女性的には好感度が高いポイントですよね!

ちょっとお茶目なところもチャームポイント!?♡


また、今年は料理をテーマに展開されるドラマ『侠飯〜おとこめし〜』にも出演されていた内田理央さん。自身でもお料理を作ることがあるそうで、最近美味しくできた料理を教えてくれました。

――「最近、急に寒くなってきたのでシチューを作ったんです。にんじんを星型に型抜いて、自分としてはすごく可愛いシチューを作ったつもりだったんですが……男性の共演者の方にその写真を見せたところ『ニンジンが星なんてない、ゴロゴロじゃないとありえない』と悪評でした。良かれと思ってやったのに、評判が悪くてショックでしたね(笑)」

男女のギャップ問題は、あるあるですよね(笑)。
でも、こんなお茶目な一面もがあるところも内田さんが周りの方から愛される秘訣なのかも!?



鎖骨に自信アリ!? 表情が違う2冊の写真集の見どころ


今回、男性向けの『だーりおといっしゅうかん。』(以下「だーりおと-」)と女性向けの『だーりおのいっしゅうかん。』(以下「だーりおの-」)を発売し、いずれもヒットを記録している内田さん。
男性向け、女性向けとコンセプトが異なることもあり、それぞれの写真集では表情が違うようにも思えます。撮影をされる上で、なにか意識を変えた部分はあったのでしょうか?



――「男性向け、女性向けだからというより、スタッフが男性チーム、女性チームと分かれていたので、共学と女子高のような違いで。ちょっと男子の目があるのと、男子の目を気にせずに媚びていないという違いかなと思います」

確かにおっしゃる通り、「だーりおの-」ではすっぴん姿など、無防備な姿がより多く写っているように感じます。これはまさに女子高のような感じで撮影された賜物ではないでしょうか。
その影響もあってか、意外にも男性のファンの中には、女性向けである「だーりおの-」の方が良かったという方も多いのだとか。

――「男の子は「だーりおと-」の方が好きかなと思っていたら、『だーりおの-』が好きと言ってくださる方も結構多くて。普段のグラビアではない、無防備なところが見られるからそういってもらえるのかなと思ってます」

一番見てほしいパーツは鎖骨!?


さて、「だーりおと-」では、お尻をあらわにした表紙が印象的でしたが、意外にも内田さんは自身のお尻があまり好きではないと語ります。
それでは、写真集で一番見てほしいと思う体のパーツはどこなのでしょうか。

――「あまり自分の体で好きな部分が実はないんですよ(笑)。どこの部分かな………鎖骨! 鎖骨がちゃんと出るタイプなんです」

鎖骨がしっかり出るタイプという内田さん。写真集を買われた方は、内田さんの鎖骨を意識してチェックみてはいかがでしょうか?

撮影裏話


そして「だーりおと-」では、ハワイで撮影が行われました。これは以前からインタビューなどでハワイに行ってみたいと語っていた内田さんからのリクエストで実現したそう。
待ちに待ったハワイ。実際にハワイに行ってみた感想をお聞きしました!

――「めっちゃ良かったです! 天候もカラッとしてて、街も明るくて全体的にハッピーでした。撮影以外では毎日、買い物してました。帰国して気づいたのですが、シャンプーとリンスをそれぞれ3つずつ買ってたんです(笑)。どおりで重いわけだなと思いました(笑)」

ところで、写真集発売後のあるインタビューでは、「グラビアはもうそろそろ(卒業)かなぁと思っています」と発言していました。
え、もうグラビアは見れなくなっちゃうの…? と思ったら、そういうことではないみたい。

――「グラビアはやりたくないわけではないんですけど、やりたいことを結構やっちゃったので、アイデアとして面白いものが出てこないなというのが一番の理由です。アイデアが出てきたら、きっとやりたい欲がくるのではと思います。
今回の写真集で今は満足しているので、グラビア以外のお仕事を自分の中で納得できるような結果が残せるように、頑張らなきゃなという気持ちが強いです」



ずばり愛され女子でいる秘訣は「いつでもハッピー風」でいること!


そして最後に、自信がなくて恋愛に奥手だったり、自分磨きで悩んでいたりする等身大の女の子へのメッセージをお願いしました。内田さんは「自分のことだ」と笑った後、こんなアドバイスを送ります。

「カタチから入るのが良いと思います! ハッピーだと思い込むことですね。”ハッピー風”に過ごしているといつか本当に幸せと感じて、自信が持てるようになると思います」

インタビュー中も終始笑顔でとても楽しそうにいろいろなお話をしてくださった内田理央さん。
そんな彼女が周りから愛されるルーツには、「いつでもハッピー風でいる」という考え方が影響しているのかもしれませんね♡

ローリエプレス読者のみなさんもぜひハッピー風を意識して、毎日を楽しく過ごしてみては?
(ローリエプレス編集部)