年賀状ソフトパッケージ版並べ画像(『楽々はがき』を除く)

写真拡大

 太陽が脱兎のごとく沈むようになり、寒さが骨身にしみる本格的な冬を迎え始めた。来たる新年に向けてか、街には期待と不安の入り混じった年末ならではの雰囲気が漂っている。

 さて、年の瀬の準備のひとつには年賀状づくりが挙げられるが、ついつい後回しにしてしまっている方も多いのではないだろうか。旧年にお世話になった人へ年賀状を送るという習慣は、礼節を重んじる日本独自のもの。起源は奈良時代までさかのぼるそうだが、親戚、友人、仕事関係といった各方面に向けて年賀状を量産するとなれば、実行に移すのを面倒に感じてしまっても仕方ないだろう。

 そこで今回は、おすすめする年賀状ソフトを独自のランキング形式で紹介したい。何かと慌ただしい年末に少しでも効率よく年賀状をつくるために、ぜひとも参考にしていただきたい。

 ランキング作成に当たっては5つの項目を設け、A〜C(Aを最高評価とする)の3段階で評価した。なお、今回メインで取り上げるのはWindowsユーザー向けのソフトであり、Mac専用ソフトは番外編として紹介する。

●1位:筆王Ver.21

パッケージ版参考価格:4,298円(税込)
ダウンロード版参考価格:4,298円(税込)
使用可能台数:5台

素材数の多さ:A
コストパフォーマンス:A
デザイン作成に要する時間の早さ:A
デザイン作成・変更画面の使いやすさ:A
住所録の使いやすさ:A

【使用感・総評】

 素材数は30万点と非常に多く、価格も年賀状ソフトのなかではお手頃である。同一家庭内なら、1つのライセンスでパソコン5台まで使用できるのもうれしいところ。

 高評価したいのは、メモ機能付きの住所録だ。相手のちょっとした情報を整理するのに便利なうえ、住所の登録作業そのものにも複雑さはない。

 デザインの作成に関しては、すでに完成されたフォーマットを選ぶことで時間を大きく短縮できる。また、イラストや文字はレイヤーで分かれているため、気になった箇所だけをピンポイントで編集するのも容易。もちろん、背景や素材を自由に組み合わせ、何もない白紙の状態からオリジナルデザインをつくることも可能だ。

 急いでいるときは既成のフォーマットを選ぶだけで簡単に年賀状を仕上げられるし、デザインをつくり込もうと思えば、豊富な素材数を生かしてこだわりのオリジナル年賀状もつくれる。操作性、コストパフォーマンス共に文句なしの、一番おすすめできるソフトだろう。

●2位:筆まめVer.27

パッケージ版参考価格:6,562円(税込)
ダウンロード版参考価格:5,616円(税込)
使用可能台数:1台

素材数の多さ:A
コストパフォーマンス:C
デザイン作成に要する時間の早さ:A
デザイン作成・変更画面の使いやすさ:A
住所録の使いやすさ:A

【使用感・総評】

 45万点という素材数は1位の『筆王』を上回り、くまモンをはじめとするご当地キャラのデザイン年賀状を含むなど、多彩なラインナップだ。

 操作中には「デザインを選択して[次へ]ボタンを押してください」といった具合で親切に案内してくれるし、次は何をすればいいのかという疑問が生まれにくく、年賀状をスムーズに作成できる。住所録やデザイン作成・変更画面の使い勝手も、『筆王』と比べてまったく遜色ない。

 しかし『筆王』の1.5倍近く値が張ってしまうので、その価格差を埋めるだけの魅力を『筆まめ』に見いだせるかどうかが購入の決め手になるだろう。また、ひとつのライセンスでパソコン1台にしかインストールできないという制限があることも知っておくべきだ。

●3位:筆ぐるめ24

パッケージ版参考価格:4,309円(税込)
ダウンロード版参考価格:4,309円(税込)
使用可能台数:5台

素材数の多さ:C
コストパフォーマンス:A
デザイン作成に要する時間の早さ:A
デザイン作成・変更画面の使いやすさ:B
住所録の使いやすさ:A

【使用感・総評】

 素材数は2万点で、先述した2ソフトに比べると物足りない。また、素材を読み込む際にクラウドサービスと接続する必要があるため、作業中に10〜30秒程度の待ち時間が発生してしまいがちなのもマイナスポイントだ。

 しかし、以上の点を除けば至極わかりやすいソフトだといえる。ただでさえ複雑な機能は見当たらないのに、そこからさらに機能を絞った「かんたん筆ぐるめモード」が搭載されているほど。なんとなくでも操作方法を理解してしまえば、年賀状はすんなりとつくれることだろう。

●4位:楽々はがき2017

パッケージ版参考価格:4,644円(税込)
ダウンロード版参考価格:3,240円(税込)
使用可能台数:1台

素材数の多さ:C
コストパフォーマンス:B
デザイン作成に要する時間の早さ:A
デザイン作成・変更画面の使いやすさ:B
住所録の使いやすさ:B

【使用感・総評】

 素材数が6,190点と少なく、上位の3ソフトよりもデザイン作成の幅は必然的に狭まってしまう。その反面、小難しい機能は一切ないので、シンプルな使い心地が良い意味で際立っているのも事実。

 ただ、このソフトで行える作業は他のソフトでも当然カバーできるため、わざわざ『楽々はがき』を購入するメリットは残念ながら乏しいだろう。操作画面であちこち目移りすることなく、変に凝った年賀状をつくらなくても済むという部分では好印象か。

●番外編:宛名職人Ver.23 ※Mac専用ソフト

パッケージ版参考価格:8,618円(税込)
ダウンロード版参考価格:8,618円(税込)
使用可能台数:5台

素材数の多さ:B
コストパフォーマンス:B
デザイン作成に要する時間の早さ:A
デザイン作成・変更画面の使いやすさ:B
住所録の使いやすさ:A

【使用感・総評】

 素材数は15万点とそれなり。操作画面に特別な説明や装飾はないが、日頃Windows派の筆者が触れてみてもこれといって不便には思わなかったし、説明書を読まずとも直感的に使いこなせる機能ばかりだった。Macユーザーであればなおさら、単純明快な操作感を気に入るだろう。販売会社が『筆王』と同じということもあり、信頼の置けるソフトと評価してよさそうだ。

 なお、上位の3ソフトのなかでは、『筆ぐるめ』だけが唯一Mac版も用意しているのだが、そちらは「かんたん筆ぐるめモード」程度の簡素な機能しか備えていない。使い比べれば恐らく、Macソフト市場における『宛名職人』のありがたみが増す結果になるはず。

 念のため確認しておくと、年賀状を元旦に必ず届けられるのは12月25日までにポストなどに投函した場合である。また、25日でもポストの最終回収時間を過ぎてから投函すると26日の取り扱いになってしまうため注意したい。
(文=盛竜也、森井隆二郎/A4studio)