(写真提供=NewWire)

写真拡大

1998〜2002年生まれの韓国男性が結婚適齢期を迎える2028〜2033年になると、彼ら6人中1人は「配偶者がいない」ことになるという。

『朝鮮日報』によれば、2028〜2033年には男女比率が概ね120:100となり、性比不均衡が激しくなる見通しだ。特に2029年には、結婚予備軍の男性が女性より約53万人も多くなるらしい。

結婚氷河期は進行中

韓国には昔から「男児選好の思想」と共に、「寅年・辰年・午年の女は数奇な運命を背負う」という迷信がある。

それがピークを迎えたのが1998年(寅年)、2000年(辰年)、2002年(午年)だ。その時の出生時男女比はおよそ110:100で、生物学的正常値と言われる104〜7:100を上回っている。

実は、今も「結婚氷河期」は進行中だ。結婚相談会社「DUO」によると、2010年に41%だった男性会員が、2015年には52%と半数を超えたという。

実際のところ、今年が結婚適齢期の1981〜1988年生まれの男性と1983〜1990年女性の比率は118:100。単純に男女比率だけを見ても、すでに「結婚が難しい」時代に突入しているのだ。

このような性比不均衡が続く場合、女性嫌悪や性犯罪がますます増加する恐れがあると専門家は口を揃える。

ただ、幸いなのは2010年以降から「男児選好の思想」が薄れていることだ。2010年(寅年)、2012年(辰年)、2014年(午年)の場合、出生時男女比が105〜7:100と正常値を記録している。

韓国統計庁が5年ごとに行なっている未来人口数の推計も、今後は寅年・辰年・午年の特殊性を反映しないそうだ。

いずれにせよ、誰かは必然的に結婚を諦めるしかない時代が迫っている。

(参考記事:ついに結婚氷河期到来!! 韓国若者たちが「結婚は必須じゃなく、選択だ」と叫ぶ理由

(文=S-KOREA編集部)